2012年02月10日

[小説] 女神の護り手 序章(2)

ども、紅閃光です。

書くって、難しいね。
小説の出来損ないを作文レベルっていうけど、今のわたしはそれ未満。
想い(いまじねーしょん)はあるのに力(しっぴつぱぅわ!)が無い、そんな状態。
けど、立ち止まらない。止まりたくない。


(所要時間11.1分)女神の護り手 序章(2)
posted by 紅閃光 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

[小説] 女神の護り手 序章(1)

ども、紅閃光です。

とりあえず小説を書き始めてみたものの、自分に国語力が不足しすぎていることに気がついちゃいました。
まぁ、過去記事見れば明らかといえば明らかなのだけど。
とはいえ、まだやめとぅない。
正直、小説を読むのは楽しいけど、思ったより書くのも楽しい。
まだまだ自慰小説だけどねー。

構成がぜんぜんいまいちだけど、とりあえず書いてみる。
そのうち再構成とか校正すればそれなりのものにはなるんじゃないかと期待する。

ちょっと細切れになるけど、少しずつアップしていきたいなっと。



(所要時間5分)女神の護り手 序章(1)
posted by 紅閃光 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

[小説]女神の護り手 プロローグ

おひさしぶり。

紅閃光です。

とりあえず、あけましておめでとうございます。

まずはちょっと個人的挨拶を。

masaruruさん、ゲームで会わなくなって久しいのに、このサイトに足を運んでくれて、すごくうれしい。
足を運ぶたび更新していないせいで無駄足を踏ませたかもしれないね。ごめんね。
がっかりさせないようにがんばる。たぶん。

ネコさん、ゲームの中で会うけど、やっぱり外でもつながりがあるとうれしいね。
今年もまったり楽しもうね。

それから、書き込みこそしていないけど、どうも何度か足を運んでいるらしき方々、
今年もヾ(☆´・ω・)ゞヨロシクネヾ(・ω・`★)ゞ


1年間で記事3つとか、ひどいことになっていたけど、ちょっと再生するプランがあります。

わたしは子供のころちょっと特殊な環境にいたせいで、やりたいことができなかった背景があって、大人になったらいろいろしたいと思ってました。

テレビゲームを飽きるまでしたい。
ゲームブックを自作したけど、コンピュータゲームを作りたい。
ポケコンで遊んでいたけど、パソコンでぶいぶいしたい。
ついでにパソコンでなにかソフトを作りたい。
ロボットを作りたい。このために工業高校に行ってたみたいなもんだね。工業高校は女の子が少なくてさびしかったけど。
もともと本はたくさん読んだけど、もっとたくさん読みたい。
そして小説を書きたい。
あとアニメをもっとみたいってのもあったね。

このサイトではその反動の一環が反映されてたりもするのです。

で、とりあえず小説を書き始めました。
昔からチョコ・・・チョコ・・・と書いてるのはあったけど、たいてい設定どまりでした。
このサイトもインパクトのあるネタが思いつかないので、心機一転してこのサイトで駄作を公開することにしました。
たぶん後悔するだろうけど。
小説投稿サイトにあげようかとも思ったけど、国語とかいまいちだし、ここも放置したくないし、あとであげるのは何ぼでもできるので、とりあえずここでいいや。
べ、べつに怖気ついたわけじゃないんだからね!


ともかく、少しずつ書いてみることにしました。
たぶん筆は遅め。

内容としては、現代の日本らしきところに住む誰かがSF的ななにかで中世ファンタジーな異世界に送られて第2の人生を送ります。
剣と魔法とモンスターもりだくさん。
学園ものかもしれません。
細腕繁盛記はたぶんありません。
俺TUEEEEEになるかもしれませんが、主人公最強ではありません。たぶん。むしろ最弱スタート。
ハーレム展開はわかりませんが、エロは無いです。
メタりません。


(所要時間14分)本文を読む
posted by 紅閃光 at 15:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

カテイの事情の二乗

ども、紅閃光です。

・・・ひょっとすると今年の夏は輪番停電を回避できるかと期待してたけど、浜岡原発@中部電力が停止したことでやはりダメなんじゃないかな。
おかげで中部電力から東京電力へ周波数変換を伴う電力応援が取りやめになってしまいました。
ティキン総理のおかげで今年の夏休みは真っ暗だよ!停電だけに!

地震対策としては、おもに電源の確保と、津波対策があります。まぁ、振動対策も本当はあるんだけど、それは最初から対策済みなのでいいとして、電源の確保は電源車を高いところに待機させておけばいいだけだし、津波も防水対策さえされていればなんのことはないはずなのに。
そもそも福島原発の問題は耐震設計震度以上の地震のダメージにより破損したせいであり、津波で電源喪失したことは直接の原因ではないでしょ。
放射性物質がパイプラインからもれて、あちこちに漏れたのがピットの亀裂から海に流出って、パイプの破損もピットの亀裂も津波で割れたわけじゃないじゃないの。

もしくは、ピットの亀裂はともかく、パイプラインの破損は地震ではなく、ベント作業をしぶってたおかげで内圧が上昇したことによる、ってんなら津波のせいだとか言ってもいいかもだけど。
でも、想定震度が違う時点で想定津波高さも違うわけで、やっぱり耐震設計ミスじゃないのと。
まぁ、ベントためらいのおかげで容器からだた漏れしてるのなら、数時間の判断遅れでずいぶん被害が拡大したわけだ。
どっちか知らないけどね。

ただ、問題なのは「振動対策はともかく津波対策が不十分だから停止」だというはおかしい。なぜなら、原子炉は冷温停止していても安全とはいえないから。
冷温停止している状態でも、冷却能力を喪失するとメルトダウンを起こす可能性があるんだ。たとえ制御棒が全投入されていてもね。
もちろん、冷却能力が停止してからメルトダウンを起こすまでの時間には差があるけどね。
だからネックになるのは、冷却能力を維持できるかどうか。もっと言えば冷却能力を喪失してから復帰するまでの時間をどれぐらいにできるかということになるよね。

そのための緊急設備や作業訓練を行うことが必要で、それがあれば発電をしていてもしていなくても関係ないことになる。発電を停止した浜岡原発でほぼは間違いなく有効稼動人員は削減されるだろうから、むしろ発電停止したことで危険度は上がったかもしれない。

まぁ、数ヶ月以内に東海地震が起こることは無いだろうけどね。
「去年の駿河湾沖地震、今年の富士五湖地震は東海地震とは関連が無いため、東海地震のおきる確立は下がっていない。あしたにも東海地震が来るかもしれない」
・・・そんなわけは無い。
近年の地震が東海地震との関連が無いということは、まぁいいでしょう。
関連が無いということは地盤に蓄積られるいわゆる地震エネルギーが発散されていないからね。
地盤にためられる地震エネルギーはシェイクする缶コーラに例えられるかもしれない。あしたにも地震が発生するというレベルなら缶コーラは触っただけではじける直前の状態のはず。それが関連が無いとはいえ、すぐ近くで発生した地震で誘発されないのなら、まだ缶が破裂するまでに余裕があるということ。
まぁ、だからといっても、じゃあいつ来るのかなんていうのは答えられる人はいないけどね。あくまでも地震がおきないという理由がない以上、おきるかもしれないって言っているだけだからね。
さっき言ったとおり、缶コーラの缶がはちきれそうでないと思うので、そうだね・・・1年以内に地震がくる確立は1%以下だと思う。5年以内は5%、10年以内は10%以下、かな。適当だけど。でも発言の責任は震災エリアに住むことで取る。
わたしがなんと言おうと政府の対応が変わるわけでなし。
せめてこのサイトを訪れた人のウロコを落とし、この社会の地位や権力がこの世界の真実を解明していないことを伝えるのみです。

まぁ、それはともかく。

さて、前回発電効率について触れたけど、なんで原子力発電機の効率が悪くて火力発電機の効率がよいのかということからいろいろ考えをまとめてみましょうか。


本文を読む(所要時間15.5分)
posted by 紅閃光 at 06:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

いわゆるカテイの事情

ども、紅閃光です。


先日、日本テレビのバンキシャでやっていましたが、原子力発電所のある市区町村の首長にアンケートをとったところ、回答をもらったほとんどが「現在の原子力発電を利用する」といったものだそうです。
もちろん、どこも安全を積み増しするのは間違いないのでしょうが。
テレビ番組にかぎらずアンケートは時に結論を誘導するようなものがあり、内容の集計をするときにも結論ありきでスタートすると正確な分析ができないこともあります。また、テレビ番組は意図的にそのような分析をすることがあります。
なにせ、「社会的正義を守るためなら、多少の誇張や無視は許される」と考えているわけですから。
また、「バラエティ番組ならウソやデマを流してもいい」とも言っています。

とはいえ、アンケートやその結果そのものは改竄されることはあまり無いのである程度の確度を持ったソースとして使えます。
分析結果は・・・裏を取らない限り、参考にしないほうがいいでしょうけどね。

それはそうと、東日本大震災の被害を受けて、世論は「原子力発電なんかすててしまえ」という意見と、「原子力発電は捨てたくても捨てれない」という意見ががっぷり取り組んでいます。
なぜ捨てる必要があるのか?なぜ捨てれないのか?
また、電力が足りないって言うけど、どういうこと?

今回はそのあたりをせめてみたいと思います。

本文を読む(所要時間8.3分)
posted by 紅閃光 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

新年あけました!

ども、紅閃光です。


新年度あけましておめでとうございます。
・・・

いや、もう、なんかごめんなさい。
前回の更新からもう・・・半年近く経ってしまいました。
もうほとんど誰も訪問してないような気がしますが、気を取り直して更新していきたいと思います。

去年末に引越ししたのをコメントしてましたが、11月から静岡県は富士宮市に住んでいます。
3月に富士五湖を震源とした地震のあおりをもろにうけて、数人の人(ネット関係)から心配していただいてました。ちょっとうれしかったです。

本当は新年の挨拶にかえて1月に更新しようと思ってたのですが・・・せっかく書いたものの、たいして意義のある記事にならなかったので、ちょっと見送っていたところずるずると更新しないまま時が過ぎてしまいました。
まぁ、ここの記事にどれほどの意義があるかといえば、そんなたいした価値はないのかもしれない。個々の似たような記事は誰かがどこかで書いていることもあるかもしれない。だけど、ここに掲載されている記事のラインナップはわたしにしか出せないんじゃないかな。
ちょっと生命の危機を感じて、そんな風に思い立ちました。

やはり仕事中に記事を書けるかどうか記事の分量に影響するのだけど。近年、仕事中に無駄なことができにくいので、それが更新頻度の低下につながっているけど、もうちょっと軽い感じの更新をしていきたいところです。

そんなわけで、近況をかねて、今回の地震に関するネタをお送りします。






本文を読む (所要時間およそ7.2分)
posted by 紅閃光 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

アイが世界を滅ぼす

ども、愛の狩人、紅閃光です。
ごめんなさい、ウソです。ハンターじゃないです。

ドラゴニカギルド星辰の円環のギルドサイトを立てたものの、ほかの人はあまりコンテンツを追加してくれないのでかけもちでソロプレイヤ状態です・・・
こちらの更新も滞ってしまい、更新チェックしてもらってる人たちにはホントごめん。
こちらの更新も週1・・・10日に一本を目指して頑張るので、気長にお待ちください。
たまにきたらちょっとおもしろい、ようなネタを提供できるように鋭意努力するんだからっ。


さて、毎年8月になると、原爆記念日とか終戦の日・・・おっと、原爆の日とか終戦記念日関係でいろんな番組をやっています。
8月末には某日テレで24時間テレビとかもやってるね。
結局のところ彼らが言いたいことは、戦争は悲惨で残酷だ、理性があって、人を愛する心があるのなら、戦争を永久に追放できないはずがないじゃないか、と。


それは、はたしてどうだろ?

本分を読む(所要時間およそ8.3分)
posted by 紅閃光 at 05:55| Comment(1) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

クロニククロニクル〜シロのショウ〜


ども、紅閃光です。

ああああああーっという間にお盆休みが終わってしまいました。
今年もまた休日ニートになりました。
映画は何本か見ましたけどね。
ヒッキーとドラゴンとか。あれ?なんかおかしい?
ベストキッド4とか。

ExpFabulicious Developer の開発を進めようとおもってたけど・・・まったく進みませんでした。
なんだかすごく短く感じました。
ドラゴニカの仕業かな。


さて、今回は前回に引き続き、昼寝型頭痛症の原因を探るべく耳鼻科へ行ったところから続きます。

※一部心臓に悪い写真があります。注意してください。


本文を読む(所要時間およそ9.4分)
posted by 紅閃光 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

クロニククロニクル〜クロのショウ〜

ども、紅閃光です。


正確に言うと、「Chronic disease chronicle」、直訳すれば「持病年代記」、フィーリングとしては「持病奮戦記〜黒の症〜」といったところでしょうか。
なんで自分で考えたのに翻訳したみたいな流れになってるんだか・・・。

ところで、クロニクル(≒年代記@名詞)もクロニク(≒持病がある@形容詞)も同じクロノス(時を司る神)を語源とした語なんだ。
だからどうだというわけじゃないけど・・・

先日まで何度か持病について書いてきました。
こないだ、今日も今日とて日曜日に持病発症した翌日、後遺症が微妙に残ってる月曜日のことでした。
ふとしたきっかけで、職場の5km圏内に、頭痛外来がある病院(脳神経外科)があることがわかりました。
( ̄□ ̄;) ナント!!

で、診療時間を見たら、18:30まで。受付に関しては特に記載がないので(歯科なんかはほとんどが完全予約制)、その日のうちに行ってみました。

ドーン     ≡≡/ ゚Д゚) 超ゾニック
↑置いてかれた音
本文を読む(所要時間およそ7.8分)
posted by 紅閃光 at 07:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

昼寝型頭痛症

ども、紅閃光です。


むかし、同じようなネタを書いたのですが、わたしには持病があります。

昼寝をすると、頭が痛くなるのです。
o┤*´Д`*├o アァー

どうやら、世の中には同じような症状のひとが結構いる模様。
ただ、同じ原因かどうか、症状もまるっきり一緒かどうかは分かんないけどね。

今回はわたしの場合の発症メカニズムについて考察してみました。本文を読む
posted by 紅閃光 at 06:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。