2012年01月14日

[小説]女神の護り手 プロローグ

おひさしぶり。

紅閃光です。

とりあえず、あけましておめでとうございます。

まずはちょっと個人的挨拶を。

masaruruさん、ゲームで会わなくなって久しいのに、このサイトに足を運んでくれて、すごくうれしい。
足を運ぶたび更新していないせいで無駄足を踏ませたかもしれないね。ごめんね。
がっかりさせないようにがんばる。たぶん。

ネコさん、ゲームの中で会うけど、やっぱり外でもつながりがあるとうれしいね。
今年もまったり楽しもうね。

それから、書き込みこそしていないけど、どうも何度か足を運んでいるらしき方々、
今年もヾ(☆´・ω・)ゞヨロシクネヾ(・ω・`★)ゞ


1年間で記事3つとか、ひどいことになっていたけど、ちょっと再生するプランがあります。

わたしは子供のころちょっと特殊な環境にいたせいで、やりたいことができなかった背景があって、大人になったらいろいろしたいと思ってました。

テレビゲームを飽きるまでしたい。
ゲームブックを自作したけど、コンピュータゲームを作りたい。
ポケコンで遊んでいたけど、パソコンでぶいぶいしたい。
ついでにパソコンでなにかソフトを作りたい。
ロボットを作りたい。このために工業高校に行ってたみたいなもんだね。工業高校は女の子が少なくてさびしかったけど。
もともと本はたくさん読んだけど、もっとたくさん読みたい。
そして小説を書きたい。
あとアニメをもっとみたいってのもあったね。

このサイトではその反動の一環が反映されてたりもするのです。

で、とりあえず小説を書き始めました。
昔からチョコ・・・チョコ・・・と書いてるのはあったけど、たいてい設定どまりでした。
このサイトもインパクトのあるネタが思いつかないので、心機一転してこのサイトで駄作を公開することにしました。
たぶん後悔するだろうけど。
小説投稿サイトにあげようかとも思ったけど、国語とかいまいちだし、ここも放置したくないし、あとであげるのは何ぼでもできるので、とりあえずここでいいや。
べ、べつに怖気ついたわけじゃないんだからね!


ともかく、少しずつ書いてみることにしました。
たぶん筆は遅め。

内容としては、現代の日本らしきところに住む誰かがSF的ななにかで中世ファンタジーな異世界に送られて第2の人生を送ります。
剣と魔法とモンスターもりだくさん。
学園ものかもしれません。
細腕繁盛記はたぶんありません。
俺TUEEEEEになるかもしれませんが、主人公最強ではありません。たぶん。むしろ最弱スタート。
ハーレム展開はわかりませんが、エロは無いです。
メタりません。


(所要時間14分)本文を読む
posted by 紅閃光 at 15:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。