2009年10月02日

紅ちゃんのリボン

ども、紅閃光です。

さて、今回はちょっと毛色を変えて、Microsoft office の話をしたいと思います。
というか、Microsoft office 2007 ですね。

ワードにしろ、エクセルにしろ、2007版で大きな変更が加えられました。そう、ツールバーからリボンへの変更です。
今までツールバーに慣れ、使い込んでいたHowToがかなり役立たずになってしまいました。

2007が出た当時はまだ2003を買うこともできたし、こんなもの使えるかーということで、かなりの企業が導入を断念してきました。
企業では、ライセンスの一括購入をしているところも多く、その場合、古いofficeをまだまだ使い続けることが可能です。
しかし、一般ピープルは2007しか選択することができない状態になってきています。まだかろうじて買うことはできます。
マイクロソフトは、リボンインターフェースではなく、昔ながらのツールバーインターフェースを利用できる選択肢を用意すべきです。
そのうち出すでしょ、と甘く見てたらとんでもない。2年たっても出してこない!
なんだおめーぶっころすぞ。

魔威黒ソフトが言うには、リボンインターフェイスはツールバーよりよっぽど使いやすいと。
確かに、ツールバーとリボンの内容や配置を見れば、リボンの方が合理性が高いでしょう。
あくまでも比較したらの話ですが。
ただ、ゼロからofficeを使う人でもない限り、そこにあるのは違和感しかありません。

さらにたちが悪いのは、リボンはカスタマイズが出来ないということです。
いえ、厳密に言えばカスタマイズが不可能になったわけではありません。エクセルやワードの内部(VBAなど)から制御が出来ないようになっただけで、リボンの編集自体は可能です。とはいってもやり方なんて混沌の波(ウエーブ≠Web)の中にしかありませんが。
なんにしろ、手軽にツールバーのカスタマイズできる時代は終わったのです。
とはいえ、職業柄、新しい職場においてoffice2007が出てきたときに「使い方が分かりません」とは逆立ちしても言えません。というかエンジニアのプライドにかけて言いたくありません。

そうなのです。わたしたちは嫌でもリボンインターフェースと付き合っていかなくてはならないのです。
リボンが死んでしまえというほど、わたしがダメだと思うところが、普段よく使う機能があちこちのリボンに分散されてしまっていて、レポートやデーターシートを作成するのにリボンをあちこち切り替えなければならないことです。
パソコンの操作において、多少のインターフェースのずれは、わたしにとっては大した問題ではありません。実際、たいていの人なら1月も仕事で使えばそれなりに慣れるでしょう。
しかし、リボンをカスタマイズできないとすると、マウスの操作量が増えることになります。たとえば、今までマウスの移動量が10m、クリック数1000回でできていた作業が、移動量13m、クリック数1400回とかになってしまうのです。
普通に考えれば、同じ書類を作成するためのマウスやキーボードの操作量が少なければ少ないほど必要な時間は短くなるはずです。つまり、リボンインターフェースはわたしの時間を盗んでしまうのです。
ルパン三世より悪いやつです。さすがにこの所業は銭形警部でもうまいこと言えません。


実は、リボンインターフェースが導入されてから、ツールバーは全滅したのではありません。クイックアクセスツールバーというツールバーだけが生き残っているのです。これはカスタマイズ可能で、officeで利用可能なボタンを配置することが可能です。
ですが。これで我慢したら負けかなと思う。
単純にリボンインターフェースが受け入れられない、という人なら、探したらありました。リボンをカスタマイズしてクラシックなツールバーを再現したアドインです。これをインストールすれば従来のツールバーと使い勝手は同じになります。

Dr. あでもくのページ
http://members.at.infoseek.co.jp/dr_admk/
Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン

しかし、そのツールバー(もどき)はカスタマイズできないので、わたしにとっては意味がありません。

・・・無いなら、無いならどうする?

作ればヾ(。´д`)ノィィジャナ-ィ

昔からofficeにはVBAでツールバーを自分で作ったりする機能があり、それをアドインとして利用することが出来ます。この機能は2007でもちゃんと働きます。
ただし、ツールバーとしてではなく、アドインというタイトルのリボンの中に追加されることになります。
おっと、2003以前のを使うときでもこれを利用すれば、ツールバーをカスタマイズし終わった状態を自動的に再現することが出来るので、2007だけでなく、2000や2003でも使えそうです。以前から新規のエクセルのツールバーをカスタマイズするのがめんどうだと思っていたので一石二鳥です。
やらいでか!

さて、作成されたツールバーの場合はこんな感じ。上が標準のものをカスタマイズしたものです。
紅ちゃんのリボン1.png
もちろん図形描画ツールバーは分離して下に持っていくことが出来ます。

リボンになるとこんな感じ。
紅ちゃんのリボン2.png

ここでまたまた気分が悪くなることが。図形の編集ツールバーに搭載されているボタンのことごとくが2007では利用できないのです。死んで。
また、リボンは隠すことが出来ますが高さを変えることができません。リボンにはボタンが3行入るスペースがあるので、標準ツールバーと、書式設定ツールバー、図形描画ツールバーの3つがきれいに収まるんだけどね。なにしさらしてくれるんか。

そしてお待ちかね。このエクセルアドインを公開します。
好きに使ってね。
もちろん、このアドインを使っていかなる超常現象が起きようとも、わたしは責任をとりません。
自己責任でね。
エクセルクラシックインターフェースアドイン.xla

アドインの追加方法は以下のサイトでも見てくださいな。
Excel 2007
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel/HP100968341041.aspx

Excel 2003/2000
http://officetanaka.net/library/addin.htm


これでなんとかエクセル2007も使い物になるね。

ちなみに、このアドインを起動すると、F1キーが無効化されます。
いやー、セルの編集をするのにF2キーを押す頻度って結構ありますよね?
ところが指がちょっと滑っただけでF1キーでHELPを呼び出そうとHDDやCPUに負荷をかけ、しばし操作できなくなります。
仕事専用機であれば、F1キーの下に(見えないように)ティッシュを詰めてF1キーを堅くする方法があります。これでも強ーく押したらちゃんと反応するんだよ。
しかし、オンラインゲームでF1キーを使わないわけにはいきませんよね。
そんなときこのアドインが組み込まれていればExcelでだけF1キーが無視されるのです。

また、このアドインにはオリジナルボタンが追加されています。
・表示倍率を80%にする
・線色を赤にする
・線色を青にする
・文字色を赤にする
・文字色を青にする

規定の分解能とフォントサイズからすると、80%がちょうど文字が見にくくなるかどうかの境界なのです。75%なんていらんとです。
罫線のボタンはカスタマイズしたらいろんなバリエーションが追加できるのに、文字の色や線の色のボタンが追加できないのは不公平です。というか、この時間泥棒が!
ちなみにわたしはセルの色を変えることがあまりないので、セル色は作ってません。灰色にはよくしますけどそれはボタンがあるので。

また、このアドインには含まれてないけど、
・ファイル内の画像データの品質を指定して容量を減らす
・複数の画像ファイルをサイズを指定して最適な容量で挿入する
・指定セルから16進数列を作成する
・コメントが無いときはクリップボードのテキストを挿入し、コメントの配置を自動サイズ調整にする
・一次元につぶれた図形を探して削除する(線を除く)
といったボタンを個人的に作ったり使ったりしています。
こちらはとくに公開の予定はナッシング。


では、今日はこの辺で。

お湯カレー

posted by 紅閃光 at 06:44| Comment(2) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リボンインターフェースΣヽ(゚Д゚; )ノ
メルヘン⊂ミ⊃^ω^ )⊃ アウアウ!!

( ´,_ゝ`)まぁ私はツールバーなんぞ大して使う機会はないんですがね。
Posted by まむ at 2009年10月02日 14:07
(ノ゚Д゚)サガ2エミュですけどね!
多少音割れなんかはありますが再現性はかなり高めですな
最終防衛システムがえらいことになってるのでやってみるとよろしw
⊂ミ⊃^ω^ )⊃ アウアウ!!
Posted by まむ at 2009年10月13日 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129307666

この記事へのトラックバック

エクセルデータへのタイピング入力でお金が稼げる最新在宅ワーク
Excerpt: エクセルにデータを入力して規定を満たしていれば ある企業が買い取ってくれるという情報です。 日額は定額報酬で9700円!即時おそくとも翌日 には支払われるという..
Weblog: 在宅ワーク・パソコンで月30万稼ぐ副業生活
Tracked: 2009-10-08 16:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。