2007年08月07日

犯罪王国

ども、紅閃光です。

なんか、思わず期間が空いちゃいました。



犯罪者。

犯罪者って何だろう?

法律違反≒犯罪?

法律違反≠犯罪?


辞書によると刑法を犯したもの、ということです。

刑法とは一般的には刑法と刑事訴訟法と特別刑法をいいます。


では、道路交通法違反は?税法違反は?犯罪ではない?警察に捕まったりしない?

ハイ!!(・∀・A・)イイエ!!

どっちだw

こ こ は 軍 隊 で す か ?

軍隊ではいかなる場合でも上官にNoと言ってはなりません。

そこで、まず「はい」と言ってから否定せねばならないのです。


それは (つ´∀`)つ おいといて。
関係ないしね。




程度によるというのが正解。

つまり、ある段階までは犯罪ではないけれど、ある段階から犯罪になります。

犯罪として立件され、罰を下された人を犯罪者ということです。

ということで、逮捕された瞬間や判決待ちの状態では犯罪者と確定したわけでは無いので、まだ犯罪者ではないのですが、間違いなく刑が確定するであろうという場合には犯罪者と呼ばれます。

法的には(まだ)犯罪者でなくても、犯罪者呼ばわりすることはおうおうにしてありますよね。

犯罪が認定されていない段階では被疑者でしかないんですけどね。




で、犯罪にあたるかどうかを刑法で判断するんです。

狭義で刑法という場合には、刑法典すなわち日本法では「刑法(1907年法律第45号)」という名の法律を指します。形式的意味の刑法ですね。

広義で刑法という場合には、犯罪と刑罰について規定する全ての法令を指します。
ここに含まれる法令とは、刑事訴訟法、特別刑法を構成する多数の法令ですが、最広義の意味では、これに加えて各種法令の罰則規定において刑事罰が規定されている場合の当該条文を含めます。


刑事訴訟法とは形式的には「刑事訴訟法(1948年法律第131号)」を指しますが、実質的には以下の法令を含みます。
 ・刑事訴訟規則
 ・犯罪捜査規範
 ・日本国憲法
 ・裁判所法
 ・通信傍受法
 ・裁判員法
 ・警察法
 ・警察官職務執行法
 ・検察庁法
 など


特別刑法には以下のようなものがあります。
 ・外国ニ於テ流通スル貨幣紙幣銀行券証券偽造変造及模造ニ関スル法律
 ・火炎びんの使用等の処罰に関する法律
 ・覚せい剤取締法
 ・軽犯罪法
 ・決闘罪ニ関スル件(決闘罪)
 ・航空機の強取等の処罰に関する法律(ハイジャック防止法)
 ・航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律(航空危険行為等処罰法)
 ・紙幣類似証券取締法
 ・心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律(心神喪失者医療観察法、医療観察法)
 ・ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)
 ・臓器の移植に関する法律(臓器移植法)
 ・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織犯罪処罰法)
 ・治安維持法
 ・通貨及証券模造取締法
 ・盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律
 ・売春防止法(売防法)
 ・破壊活動防止法(破防法)
 ・爆発物取締罰則
 ・人質による強要行為等の処罰に関する法律
 ・人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律(公害罪法)
 ・不正アクセス行為の禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)
 ・法人ノ役員処罰ニ関スル法律
 ・暴力行為等処罰ニ関スル法律
 ・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法、暴対法)
 ・麻薬及び向精神薬取締法(麻向法)
 など

これに加えて、行政刑法と経済刑法が加えられます。

行政刑法とは、行政法規における義務違反に対して刑罰を科すもので、経済刑法は、経済取引に関する規制違反に関して刑罰を科するものです。

日本における行政刑法の代表例は「道路交通法(道交法)」であり、経済刑法には、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法、独禁法)」や「金融商品取引法(証券取引法)」などがあります。


一般的に刑法典に規定される犯罪の場合には、起訴項目について「殺人罪」などと罪名により表記され、特別刑法の場合には「不正アクセス禁止法違反」などと法規名違反で呼ばれることが多いようです。





道路交通法違反について詳しくすると、

赤切符(30km/hオーバー)は罰金刑(財産罰)となり、前科がつきます。もちろん犯罪です。

青切符は反則金で行政罰なので、犯罪ではなく、前科はつきません。

しかし反則金を支払わない場合は刑事立件され、同額の罰金刑が科せられます。(前科がつくってこと)

ただしこれは反則金を払わないから立件されたのではなく、国民には裁判を受ける権利があり、それを自らの意思で行使したとみなされます。
だから、この裁判で勝てば、罰金も前科も無しです。まぁ勝つのはほぼ無理か。

罰金を支払わないと裁判官立会いの元強制執行か、財産没収か強制労役に科せられます。

とはいえ、必ず刑事立件されるわけでなくて、そこが逃げ得が起きちゃう温床となるわけなんだけど。


ちなみに、反則金を過料、罰金を科料といい、どっちも「かりょう」と読みます。
紛らわしいので、過料=あやまちりょう、科料=とがりょうともいいます。

さっき言ったとおり、罰金=科料=咎料で前科ですぜ?ア・ニ・キ?
(・∀・)ニヤニヤ




少しばかり犯罪の発生状況をみてみましょうか。

平成16年と平成7年を対比して見ましょう。

ちなみに警視庁からぱくってきた情報です。
※普通に公開しています


平成16年の犯罪認知件数は2,562,767件、
検挙率は26.1%、検挙人員389,027人です。
重要犯罪認知件数が22,568件で検挙率が52.3%

平成7年の犯罪認知件数は1,782,944件、
検挙率は42.2%、検挙人員293,252人です。
重要犯罪認知件数が10,652件で検挙率が90.5%

殺人の検挙率は96.5%→94.6%とほとんど変わらない検挙率だそうですが、その他の強盗・放火・強姦・略取・誘拐・強制わいせつの検挙率が低下しているとか。

犯罪死亡者数は724人→699人と緩やかな減少傾向です。

日本での人質立てこもり事件は、ここ10数年において検挙率100%!!
立てこもった時点で負け組みというわけですね。φ(。_。)メモメモ



さて、お次は刑が確定した後のことです。


有期懲役において、刑法上は受刑態度がよければ刑期の1/3勤めれば出所できると規定してあります。
しかし実際には2/3以上でないと仮釈放の審査は行われません。

このことは弁護士でも知らない人もいて、受刑者に「真面目に勤めれば1/3になるよ」とかなんとかいってトラブルになることもあります。
逆に警察サイドが被疑者を騙して供述をとる目的で1/3って言う場合もあるみたいだから、要注意。


無期懲役は死ぬまで刑務所かと思いきや、なんと刑法上は10年を超えれば仮出獄の審査が行われます。
まぁ、これも有期懲役と同じように、実際に10年で仮出獄はありえないんだよね。
20年は牢獄です。

また、受刑態度の判定は刑務官が行うため辣腕弁護士でも仮出獄を早めることは無理。

ヤクザなら・・・刑務官の家族をネタに脅迫して早期出獄・・・(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
まぁ、実際にそんなことは起きてません。・・・よね?

とはいえ、無期懲役を食らっても30年ほど経てば表をうろうろするわけですよ。
仮出獄しても死ぬまで保護観察がつくことになっているとはいうんですけどね・・・


終身刑なら、死ぬまで刑務所ですな。

残念ながら日本にはありませんが。

日本でも死刑を廃止して終身刑を導入する動きがあります。



死刑廃止論、いわく「死刑なんて野蛮な刑罰は理性的な国家の行なうことでは無い!」という人々がいます。

おおいに結構。

しかし、それは終身刑を法律で規定してからにしていただけませんか?

人を殺して、なんの罰も反省も受けていない人が、わたしの家の前に10人も20人もうろうろしているわけですよ!!

おっと、何かが違う。





日本の刑罰は応報刑です。

すなわち、間違った、行き過ぎた行為を被害者や社会にかわって司法(国)が制裁を与えるというものです。

なので、刑法では制裁を与える側と犯罪を犯し制裁を受ける側の2者の関係について定められています。

しかし、これが良くない。
どういうことかというと、被害者が出てこないのです。

権利をおかされた被害者の被害の回復についてほとんど触れていません。

えぇ、金銭的な話しなら民事裁判でかたがつくかもしれません。
では、人格や生命の尊厳を奪われた場合は?
殺したい、ムショに一生閉じ込めたい、そう思うのが被害者の心情ではないですか?

しかも、司法は被害者から犯罪者にたいする因果応報の権利を取り上げています。

その時点で、司法にとっては被害者も一般人も区別しません。

だから、家族に殺された被害者が裁判に立ち会う権利もありません。
一般人として普通に裁判に立ち会う自由があるだけです。

ちなみに大戦前では被害者が裁判に立ち会う権利が保障されていました。
(注 第三次世界大戦ではありません)

最近はやっと何とかしようとし始めましたが。




もうひとつおかしなことは、精神障害者と、精神障害犯罪者を区別していないことです。

精神障害犯罪者は不起訴(≒無罪)になるわけで、つまり殺人者であるにもかかわらず、他の精神障害者と同様に扱われるわけです。

不起訴暦があったとしても、前科は無いと。
(無罪なのに不起訴暦が管理されているのも逆の立場から矛盾しているような気もするけど。)

殺人したのに罪ではない、と。

これを殺し得といわずになんと言おう?

近年、心神喪失者医療観察法が施行されましたが、これもザルみたいなもので、・・・まぁ、ザルは言い過ぎなので、スノコ・・・はちょっと違うね・・・からり床?はもっとちがうし・・・そうか、雑巾だ。

これは、雑巾みたいな法律です。

んー、逆に良すぎる評価かな?

ならば、「心神喪失者医療観察法は、ティッシュみたいな法律だ」

これで、いい。 ( ´ー`)Huu



ニュースやワイドショーで報道される凶悪犯罪の容疑者はかなりの確立で心神耗弱を訴えます。(ほぼ必ず?)

認められれば殺し得になるからです。
ムザイホーメン

連続殺人という犯罪があったにもかかわらず、犯人がいても犯罪者はいないわけです。

罪を償う人間がいないと。

おかしいよね。

なんでこんなことになったのかな。

っ 「ぼくたちは、どこでまちがったんだろう・・・」




刑法は、本人の自由意志によって起こした罪に対して罰をあたえるものです。

本人が、いくつかの自由に選べる選択肢から法を犯す選択肢を選んだことを裁くものです。

自由意志とはこの場合、犯人に犯罪を犯す意思があったかどうかは関係ありません。

基本的に法律というのは、施行されたら各自で遵守しないといけないものなので、知らなかったでは済まされないのです。

つまり、知らないといけないことなので、知らない時点で既にダメということです。

とはいえ、故意か過失かというのは大きな違いで、犯罪によって過失では罪にならないものもあります。

過失罪が無い犯罪においては過失認定されると犯罪は成立しません。


そして特に争点となるのは、責任能力の有無です。

「心神喪失者の行為は罰せず(刑法39条1項)、心神耗弱者の行為は刑が減軽される(同条2項)。また、14歳未満の者の行為は罰しない(刑法41条)。」

要はまともな意思が働いていないときの犯罪行為は勘弁してやろうということです。

たしかに精神疾患を患っている人たちには、時に錯乱することがあります。

例えば、母親が麻薬常用者で、生まれながらに麻薬中毒による脳障害で知的障害を起こしている人物がいるとします。
発作的に「怪物」が襲ってくる(という幻覚を見る)のでそれを抑える薬を処方してもらい、毎月精神科医の診療をうけています。
そんな彼もなんとか成人できました。
ある日、駅前の歩道橋を歩いているときに突然「怪物」が襲ってきました。
彼は錯乱し、奇声を上げながら手足をぶんぶん振りながら暴れます。
そこにたまたま通りがかった、ある国会議員が、そのこぶしに当たって階段から転落しちゃいました。
駆けつけた救急車に、彼も、国会議員もそのまま病院に収容されました。
残念なことに、国会議員は打ち所が悪く、そのまま死んじゃいました。

このようなときに「彼は殺人者である」と罪を問うことはできません。

彼は責任能力が無い状態だったので、涙をこらえて、事故として我慢しなければならないのです。
それがたとえ、相手が総理大臣であったとしても。

これが正しい責任能力の問われ方です。


ところが、最近の日本では配管工に成りすまして何軒も家を訪ね住民を物色し、おいしそうな獲物を見つけたら襲い掛かって殺害し、死姦した少年が「責任能力が無い」と言っている人々がいるわけです。

おまいらがキ○ガイだ。

キチ○イは差別用語なので、伏字にしておきます。


そもそも、ちょっとやそっと不幸な生い立ちだったら精神異常者に育つという論法はやめていただきたい。

世の中には親に死なれようが、親に捨てられようが、がんばって成人して立派に働いている人々がたくさんいるのですよ。わたしのようにね。
おっと、わたしはちょっとおかしい系だから員数外か。



ちょっとやそっと愛がたりないぐらいで精神異常者に育つというなら、世の中精神異常者だらけだよ。

まぁ、死刑が野蛮だと唾棄する理性的なおひとには、犯罪者がちまたを闊歩して新たな犯罪を犯そうともきにならないわけですな。

何度も犯罪を犯した時に責任能力が無くなる様な人は、常に責任能力がないと見るべきでしょう。

どんな罪を犯そうとも責任が無い無責任能力者。

そんな無責任能力者が闊歩する国は理性的な国といえるのかな。


「子供にもわかる理屈ぞ!」と、ザラ議長も強くおっしゃってましたよ?



なにはともあれ。


いきろ。

Σ(゚д゚lll)何で打ち消し






では、今日はこの辺で。
お湯カレー




「前科」というのは、刑事裁判で有罪の判決を受けた場合にいうものです。
お子様の場合も、刑事裁判にまわされない限り、つまり少年院や保護観察であれば、「前科」ではありません。
(あれ、前に書いたっけ?)

ただし、罰金を取られる場合は、覚悟しておかなければいけないです。(「覚悟完了。」)

罰金も有罪判決による刑罰のひとつなので、無免許運転や暴走運転、酒酔い運転などで罰金を取られると、これは「前科」になるのです。
もちろん、少年刑務所もね。



ところで、確信犯という言葉があります。

ドイツ語で Uberzeugungsverbrechen つまり、Uberzeugung(確信)、Verbrechen(犯罪)と言うことですが、一般では間違って使われることが非常に多いです。

よく使われる意味としては、「間違っていると知りながら犯罪を犯す人」あるいは「結果を予測した上でそのとおりに事を運ぼうと謀をする人」というような感じですが、このような使い方は違うのです。


本来は、「自分の政治的または宗教的、道徳的な正しさを『確信』して犯す犯罪」のことです。

あくまでも主観が間違っているわけですが、このような人たちは、「間違っているのは周り(体制、社会、世界)であって、自分(達)は正しい」と考えるわけで、犯罪であるかどうかを気にはしません。

むしろ間違っている世界の法律なので、犯罪だと言われていることのほうが逆に「正しいおこない」という見方をすることもあります。特に宗教では。

まぁ、電波系ですね。


前者の意味であれば「故意犯」と呼ぶ方が意味としては近いという意見もあります。

もともとこの「確信犯」という意訳が誤解を招きやすいという向きもあります。

ドイツ語の Uberzeugung には「信条」といった意味もあります。

政治的または宗教的、道徳的な正しさの確信してなされる犯罪のことであれば、
「新庄ハン?(芸姑風)」・・・じゃなくて、
「心情犯」といったほうが分かりやすくていいと思うんですけどね。
posted by 紅閃光 at 18:27| Comment(6) | TrackBack(4) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しい…
全部よくわからないけど…
家族に殺された被害者が裁判に立ち会う権利もありません。
間違え(´・ω・)?

まぁところどころしか理解出来ませんでした…orz
Posted by 竜宮島 at 2007年08月08日 01:01
むぅ・・・

ドラえもんはどうなるのでしょうか。
Posted by もみじぃい at 2007年08月09日 13:15
ドラえもんはみんなの心の中にいるんだよっ
Posted by 紅閃光 at 2007年08月09日 19:11
月は カラフルフルーツ リボンは取り外し可能です ビジネス オーストラリア 政治 」と主張 上部 イスラム教 エンタテインメント
Posted by イスラム教 at 2007年08月12日 20:58
なんか、最近バグったような書き込みがありますね・・・
日本語でよろしく?


彼は、ドラえもんが何とかしてくれると思った。
そう言ったそうですね。

たとえば、のび太にとってはドラえもんは親友であり保護者でもあり、同居してるわけです。
ジャイアンやスネオにとっては友達であるし、のび太の家にいることを知っています。

彼らが、ドラえもんの道具に頼るのは、まぁごく普通のことでしょう。
しかし、近所の人にとってはドラえもんという人がいることは知っていても、便利な道具を持っていることは知らないわけです。
ましてやドラえもんがどこに住んでいるかということを知らない人にとってはドラえもんの道具はあってもなくてもどうでもいいレベルです。

言い換えれば、のび太のパパの会社の同僚の子供がいたとして、その子が無人島に流されたとして、その子はドラえもんがなんとかしてくれると期待するでしょうか?

現実と空想が区別できない精神異常者でも、そこにドラえもんがいるかいないかはわかろうもんですね。
ましてやドラえもんはのび太の為以外にはほとんど道具を使いません。


別の考え方をすれば、世の中お金で解決することはたくさんあります。
また、腐るほどお金を持っている人もたくさんいます。
お金でなくて困った場合、「お金持ちのひとがお金を分けてくれる」ということを期待だけしてなにも行動を起こさないという思考となにもかわりません。

どうせならこのような人は、自分の欲望を満たしてくれる人や、自分だけを愛してくれる人が無効からやってくることを期待して、その辺の4畳半の部屋で朽ち果ててくれればいいんです。

大家さんにはごめんなさいだねw
Posted by 紅閃光 at 2007年08月12日 22:41
その4畳半の部屋だけでなく
そのアパート?全体に
客が寄り付かなくなりますねっ。
Posted by もみじぃい at 2007年08月16日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本物紙幣の裁断片入り!招福キャッシュ打出
Excerpt: とってもレアなストラップですね。大切にします。紐の色が色々と有って好きな色が選べるのが嬉しいです。・日本貨幣の偽造防止技術を覗く!「USB顕微鏡で確認できるミクロな世界」・犯罪王国・高額紙幣の肖像候補..
Weblog: 貨幣の厳選紹介
Tracked: 2007-08-21 10:49

昭和の紙幣額(41枚入り) 【送料無料】
Excerpt: 金運・財運招来ほとんどでその存在を忘れていたり、見たこともない昭和に流通した紙幣や貨幣を集め、精密な彫刻の高級額に納めました。金運アップ商売繁晶の願いを込めて、またインテリアとしてお飾りください。商品..
Weblog: 貨幣のレス
Tracked: 2007-09-13 03:34

会社法入門 (岩波新書)
Excerpt: 弘文堂から出ている「会社法」の焼き直し,二番煎じといったところ.岩波新書にしては期待はずれといったところです.岩波側の編集者に抗議したいくらいです.第1章「なぜ,今新「会社法」か」の部分は歴史を理解す..
Weblog: 法律をたくさん集めました
Tracked: 2007-10-02 11:55

試験に受かる超効率勉強法―司法試験の合格
Excerpt: ゴールから逆算する・期限を切る・過去問を読む…疑っている暇があったら、即実行したほうがいい。失敗も成功も知っている著者の勧める方法論は、順風満帆で挫折を知らずに教鞭をとる講師の話より価値があるように思..
Weblog: 裁判をあなたに捧げます
Tracked: 2008-02-06 08:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。