2010年06月10日

青き闇との戦い

ども、紅閃光です。

さて、みなさん。パソコンをある程度使っていたら、たいていの人は出会ったことがあるはずです。
青い画面の前で立ち尽くす人に。
それはあなたです。

今回は災厄モンスター、ブルースクリーンと出会ってしまったときにどうするかということです。

モンスターが現れた。ブルースクリーン×1匹
Σ(゚Д゚;)

コマンド: たたかう  にげる

 (゚Д゚;)
コマンド:[たたかう] にげる  ピコッ

 (゚Д゚;)
コマンド: たたかう [にげる] ピコッ

コマンド:      [にげる] ピロリロリ-ン

ああああは逃げ出した。
( ´ー`)フゥー...

しかしブルースクリーンにまわりこまれた!
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

そう、ブルースクリーンはパソコンが上げる悲鳴。
早めに対処しないと・・・
大変なことになりますよ?
ъ( ゚ー^)
→導きの館(チュートリアル)
posted by 紅閃光 at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

ちゅーんなっぷ7だいなまいと

ども、紅閃光です。

さて、我が家にWindows7-64bitがメインマシンとして導入してから2ヶ月経ちました。
総合評価としては「使える」ですが、いくつか残念な出来事もあります。
まぁマザーボードのせいというものもあるので、OS的には満足度は高いです。1つことを除いては。

その件は後述するとして、まずオペレーティングシステムの32bitと64bitに関して。
32bitWindowsではメモリは上限4GBまでで、かつシステムに持っていかれて実際には3.5GBぐらいしか使えないということは何度か書いたと思います。
わたしの認識がちょっと甘いところがあって、ほとんどはグラフィックに持っていかれていると思っていたけど実際にはそれほどでもなく、デバイスマネージャの項目が多ければ多いほどメモリを持っていかれるようです。
まぁ、グラフィックがダントツなのは間違いないけどね。
要は、最近はマザーボードは、SATAとATA133両対応だとか、デュアルLANだとか、光デジタルオーディオとか、機能的にリッチになっていて、リッチなほどメモリ領域を持っていかれることになります。場合によっては3GB割り込むぐらいの勢いです。
もっとも、持っていかれるのは領域であって、メモリそのものが使われているわけではないだけど。
持っていかれた領域は扉の前にいるわけじゃないけど、使われないまま放置されます。
なんにせよ、32bitOSではOS管理外の領域をRAM
ディスクにでもしないと3.5GB以上のメモリは有効活用できないということです。

これに対して64bitではエディションによる格差はあるものの圧倒的に大容量のメモリが利用できます。
前にも書きましたが、あらためておさらい。
64bit版エディション
 Ultimate(Enterprise) ・・・ 128GB
 Business ・・・ 128GB
 Home premium ・・・ 16GB
 Home basic ・・・ 8GB
32bit版 ・・・ 全て4GB

その代りといっては何だけど、アプリケーションの互換性が悪くなる。
一般的には、32bitと64bitの違いはそれだけだと思われています。
ところが、64bitは同じハードウェアでも32bitに対して10%〜20%ほど性能がアップするという情報が出てきました。

「32bit vs 64bit Windows 7を入れるならどっちだ?」
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457279/

ただ、勘違いしてはならないのは、あくまでも比較しているのはWin7-32bitとWin7-64bitなのです。
Win7はVistaと比べれば早くはなっています。しかしWinXPと比べたらそうとはいえないのです。(婉曲表現)
単純な話、WinXP32bitとWin7-32bitとを比べれば確実にXPの方が早い。
64bit Windowsで32bitアプリケーションが動作するために、WOW、正式にはWOW64(Windows-On-Windows 64)というしくみが用意されています。
これはいわゆるエミュレータなんだけど、普通のエミュレータのように単純に下駄をはくだけなら早くなる道理はありません。
そう、それは例えればスケート靴で土の上を歩くようなものです。
・・・よくわかんないたとえだね。
実際のところ64bitWindowsのシステムには、32bitのシステムファイルと32bitのシステムファイルが両方存在していて、システムはどちらのシステムフォルダを参照するかをすり替えることしかやっていないのです。
そこにWin7-32bitよりWin7-64bitが高速動作できる素地があるのです。
まぁ、細かいことは各自で好きなだけ追求してくださいな。

とはいえ、WinXPが作られてからすでに7年。
新しいハードウェア、もといチップセットへの対応はやはりWin7の方が優れてる。いくらXPにパッチやドライバが更新しているとしてもね。
また、Windows Aero (WDDM1.1)では、ゲームやグラフィックアプリ以外ではほとんど活躍してこなかったグラフィックボードを日常的に利用するようになったのだ。
ウィンドウの半透明処理や枠の球面処理とかを、並列処理することでレスポンスが劇的に良くなる。
Vistaが失敗したのはまさにこのAero(WDDM1.0)の問題で、詳しくすると長いので省略するけど、大事なのはWin7ではそれは治っているということなのだ。
これにより事実上Windowsクラシックスタイルを利用することも無くなる、というかクラシックスタイルを使うとAeroが止まっちゃうんだ。
Aeroを働かせたままクラシックスタイルにしたいのだけどね。


と、前置きが長くなっちゃったけど、さっそくWindows7-64bitをカスタマイズしちゃったのでその内容を報告!

本文を読む
posted by 紅閃光 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

エイと戦士s

もう何が何やら意味不明になってきたタイトルですが、今回はWindows7パソコンを自作してMapleStoryで遊ぼうと、果敢に戦った記事です。メイプルストーリー戦記。
ちなみに、タイトルは、前回の記事がセブンセンシズだったからです。
普通は第六感、いわゆる超能力をシックスセンスと呼ぶので、そのノリでいけば第七感はセブンセンス、せめてセブンスセンスかと思うんだけど・・・まぁいいや。

さて、事の起こりは新年もあけやらぬ1月半ば、「うちのパソコン壊れたもんで、新しいの買うんだけど、いる?」と同僚がのたまったことです。
は?うちはゴミ処分場じゃねーし、は?
とも思ったとか思わなかったとかですが、「Intel Core i7なんだけど」と。
なんですと!?
それは4コア×ハイパースレッディング=8CPUデスカ?
それはトリプルチャンネルアクセスメモリデスカ?

興が差した(あるいは魔が差した?)わたしは、詳しく話を聞いてみました。
・パソコンを立ち上げても真っ暗のまま反応がないこと。
・マザーボードのLEDもファンも1つもつかないこと。
・メモリのスロットを差し替えても全く反応がないこと。
・ということで電源かマザーボードの故障だと思うこと。

CPUとメモリとグラフィックボード、欲しかったらあげる、と言われました。
なぜ、わたしが自作可能かということが露見していたのか意味がわかりません。
Σ(^▽^;)
なんにせよ、以前書いたように、Windows7 RC版(最終評価版)への移行実験はうまくいきませんでした。
手元にWindows7があるのに、導入するのをしぶっていたところでした。
「もしi7パソコンが降臨するなら、先日のキューブパソコンより適任ではないか?」
「グラフィックボードも2バス占有のでっかいやつで、超美麗&高速ではないか?」
「DDR−3のトリプルアクセスで2GB×3枚=6GBでうはうはではないか?」
「ソリッドステートドライブも高性能のが出ててすばらしくうはうはではないか?」
「実は壊れているのはCPUで、買った部品が無駄になってうはうはではないか?」
そのような考えが脳裏をよぎり、そして、それを、わたしは、いただく、ことにしたのです。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

紅ちゃんのリボン

ども、紅閃光です。

さて、今回はちょっと毛色を変えて、Microsoft office の話をしたいと思います。
というか、Microsoft office 2007 ですね。

ワードにしろ、エクセルにしろ、2007版で大きな変更が加えられました。そう、ツールバーからリボンへの変更です。
今までツールバーに慣れ、使い込んでいたHowToがかなり役立たずになってしまいました。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 06:44| Comment(2) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

窓枠のくだり

ども、紅閃光です。

地震キタガヤキタガヤー(゚∀゚≡゚∀゚)キチャッタガネー!!!
静岡に着て早々、大地の洗礼を受けてしまいました。
前日は夜更かしをしていたのですが、どーん!というかズン!!というかそのような轟音でたたき起こされました。
30秒ほど横揺れが続いたものの、揺れ方向が我が家にやさしい方向だったようで、部屋の被害はほとんどありませんでした。キッチンのほうが残念な方向だったみたいで、炊飯器が落下したり、電子レンジがあわや道を踏み外しそうになっていました。まあ、よそでは本に押しつぶされてお亡くなりになった方もいるようですが、うちもひとごとではないので、注意しよう。

思えば、数年前の新潟沖地震のときの富山のときのほうが揺れが大きかったような気もします。あの時はアパートが4階ということもあったのかな。
自然災害のなかでも、とりわけ地震は何度体験しても快感にはなりませんね。(台風、竜巻、豪雨、豪雪)
これは、地震が持つエネルギーが桁外れに大きいことと、前もって規模が不明なことから、人間様の不意をついて降臨してくるからでしょうかね。
ひとたび地震がおきると大陥没が起きたり、御山が噴火する・・・ことは無いにしても、建造物が崩壊しそれに巻き込まれることぐらいは
十分にあり得ます。

ここは地震大国日本とはいえ、最近地震が多くないですか?
震度4以上はともかく、震度3程度は珍しくはないとはいえ、最近は地震速報がひっきりなしにあちこちの地震を伝えています。
駿河湾 → 八丈島東方沖 → 根室半島南東沖 → 福岡県北西沖 → 栃木県北部 → 千葉県北西部 → 石垣島近海
まあいいや!
所詮、地震に対する備えなんて、防災グッズを買いそろえたり、非常食糧を備蓄したり、家財の転倒防止をするぐらいしかないのです。
どうしようもないのです。地震の少ない地域に引っ越しても以下略



というわけで今日のネタは。

つい先日、パソコンの故障に伴う新パソコンの購入から、Windows7のテストヘの一連の流れは、64bitOSの初導入だけでなく、初クアッドコア導入でもあったと書きました。
するどい人は、「あれ?パソコンのセミプロ気取って記事を書いておきながら、いまだに4コア試してネーノ?しょっぺくね?m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーッ」と思ったかも知れません。
別にセミプロぶった覚えはないのですが、そうなのです。わたしはひとつの勘違いをしていて、それがために今までクアッドコアに手を出してこなかったのです。
本文を読む
posted by 紅閃光 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

セブンセンシズ

ども、紅閃光です。

さてさて、静岡にリバースして、なんとか生活基盤を確保できたかな。
まだ住所の変更とか事務手続きがたくさんあるんだけどね。
それはさておき、今日はWindows 7 とアプリケーションの互換性の話をしたいと思います。

Windows Vista (以下Vista)では、既存のアプリケーション(プログラム)が動作しない事が大顰蹙だったことを受けて、次代Windowsである、Windows 7 (以下Win7)では、WindowsXPモードが用意されるとのことです。
「WindowsXP互換モード(以後XP互換モード)」ではなくて、「WindowsXPモード(以後XPモード)」ね。
XP互換モードはVistaにも存在するけど、これがいまいちだったのよね。
XPモードとは一種のエミュレータである、「Microsoft Virtual PC」の技術を転用したものです。




本文を読む
posted by 紅閃光 at 23:10| Comment(1) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

連邦の白いやつ

さて、最近は仕事の上でお金を稼いでいないのに給料をもらっている状態が続いています。
とはいえ日中は一応勤務時間なのでいろいろ忙しいのです。
と、更新が少ない言い訳をしてみたり。
って、前回の更新からもう一か月経ってるよ!

さて、先週わたしんちのパソコンが一台壊れてしまいました。
スキャナー作業中に無断で再起動が掛かり、windows が見つかりませんという状態です。
以前の記事で、わたしんちのLAN構成を書きましたが(富山から旅立つ前のものですね)、ここではキューブタイプであるPC3になります。
ネトゲ放置用件、スキャナー接続件、音楽鑑賞用のパソコンです。
壊れたものは仕方がないわけで。

そしてνパソコンが届いたわけです。サイコフレームはどうしたっ!?
本文を読む
posted by 紅閃光 at 20:53| Comment(6) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

立体公式 第二法則

ども、紅閃光です。

バイオハザードはとりあえずいったん放置して、SSD≒半導体ドライブに関して追加報告をします。

おニューのウルトラモバイルパソコン(以下UMPC)をハードディスク(以下HDD)からソリッドステートドライブ(以下SSD)に換装してみました。


関係ないけど、明日(6/12)は Birthday …


どうでもいいけど。
本文を読む
posted by 紅閃光 at 19:31| Comment(8) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

壊れるメモリー

ども、紅閃光です。

着々と引越しの準備が進んでいませんが、がんばります(?)

さて、今日は放浪中に見つけた、ある家族でのメモリーカードに関する会話に関して書きます。

と思ったのですが、その前に、某日本テレビで電気自動車について報じてたのでその内容に突っ込みます。
曰く、
 電気自動車の燃費=2円/km
 ガソリン自動車の燃費=6円/km
 なので電気自動車の燃費は1/3になる
とのことです。
( ● ` ー ´ ● ) でっちありがとう

しかも、ガソリン車の燃費を数字じゃなくて、車種で言ってたのよね・・・あふぉか!
先月のガソリン価格を考えると、リットル100円なので、逆算して燃費は16.7km/gかな。
さて、電気自動車のほうは、昼間電力で計算したものか夜間電力で計算したものか、さあDOCCHI!?
おそらく、夜間電力ですね。
もしくは昼夜の区別がない工場内の格安電源か。
わたしは大学や企業の研究開発部門の公表データを参考にすることが多いのですが、去年収集したデータで昼間で3円/kmです。
わたしのアンテナの精度がそんなに高くないとしても半年でそれを超えて量産化したとは考えられないね。
電気自動車の燃費情報は普及に対するキモなので、夜間電力なのかどうかは重要なところです。
現在の電気自動車の効率はせいぜいガソリンの1/2ぐらいです。お金が、じゃなくてね。
マスコミはもっと内容を正確に伝えるべきだよ。

ということで、より正確に伝えるなら
 電気自動車の燃費=2円/km by 夜間電力
 ガソリン自動車の燃費=6円/km by 16.7km×100円/g
と報じて欲しかった。

まぁ、マスコミは(自分たちの信じる)社会正義のためなら、少しぐらい誇大しても(嘘をついても)良いと考えているからね。
ニュース番組を見ていると腹が立つことが多いんだけど、それでも情報を発信する者としては、マスコミの立ち位置というかスタンスと言うか(同じじゃん)そういうものを見極めないとね。
とはいえ、別にマスコミなんで不要だと考えているわけでも、粘着してマスコミの間違いをつつきまくるのが目的ではないのでけどね。

おっと、今日のネタはそうではなくて、メモリーカードに関するネタですよ。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 19:40| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

改造手術

ども、紅閃光です。

さて、今回はゲームコントローラー、いわゆるジョイパッドの延命治療について話したいと思います。

コンシュマーゲーム専用機用(以下ゲーム専用機)のコントローラーと違って、パソコン用のコントローラーはある意味激安で販売されています。
ゲーム専用のものが3000〜5000円で売られているのに対して、パソコン用は500〜3000円となかなか安価に買うことができます。

しかしこまったちゃん、パソコン用は非常に壊れやすいのです。
問題なのはボタン、これが押しても「効かない」とか、押したままで「もどってこない」などの症状があります。
十字キーで発症すれば、いきなり敵に擦り寄って「自殺」とかもよくある光景です(?)。

製品ごとのバラつきがあると思いますが、月2台という人も何人もいるようです。
頻度や握力とも関係ありますが、わたしの場合は、週8〜14時間の使用で年間5台ほど消耗していました。

そう、「いました」と書きました。
つまり、現在はそうではない、ということです。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 20:42| Comment(8) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

ニュータイプ?

ども、紅閃光です。

ちょっと仕事が忙しい今日この頃。

前からなんですけど、ガンダム(会社のノートパソコン)が、わたしの操作についてきてくれなくて、ちょっとした操作でもィラィラィラィラしてしまいます。

マグネットコーティング(買い替え)でもしてくれませんかね?

確かに敵(起動アプリ)の数がかなり多いのはわかっているのですが、機体(Windows)のチューンナップも限界ですし、敵が襲ってくる(必要最小限)のでしょうがないのです。

激戦区を抜けるのが早いか、撃墜されるのが早いか・・・


やっぱ最低限ハイパースレッディングは欲しい所です。

最近では Core2 Duo も平気でノートパソコンに搭載されるようになってきましたしね。

ところでCore2 Solo はシングルコアだけども、ハイパースレッディング付いてたっけ?



本文を読む
posted by 紅閃光 at 21:45| Comment(9) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

自衛への道

ども、紅閃光です。

なんか先日、数回にわたって晒し板になにか書かれていたようです。

どれも自分勝手なことを書いてるだけなので生暖かく見守りますが、

ひとつ、経験値自動記録ツール ExpFabulicious についてとんでも無いことが書いてあったので、否定しておきます。


いわく、キーロガーが仕込まれていて、ユーザー名とパスワードをわたしのほうに送信しているという件です。

少々知識がある人ならそんなことありえないと笑って済ませることなのですが、あまりパソコンに強くない人は不安で不安でしょうがないと思います。

そこで、ExpFabulicious が、いやさ、その辺に転がっているツールの安全性の見極め方をわたしなりにまとめたのでここに記します。



さて、ユーザーIDやパスワードを覗き見しようとすると必要になるのがキーロガーでしょう。

これはキーボードのキー入力を記録していくものですが、無作為記録型と特定記録型とに分けられます。

・無作為記録型はとにかく常時、キー入力を記録していくもの
・特定記録型は例えばメイポのクライアントソフトのパスワード入力画面が表示されたらキー入力を記録して、別の画面になったら記録を終了するもの

さらに、この記録結果をメモリに貯めるもの(メモリ派)と、レジストリに書き込むもの(レジストリ派)と、ファイルの書き込むもの(ファイル派)があります。

無作為記録型は記録結果が膨大になるのでほとんどファイルに書き込まれる場合が多いですが、特定記録型は持ち主にばれないようにメモリやレジストリに書き込む場合が多いと思われます。



次に、記録結果をどうやって外部に持ち出すかというと、自己通信型と、メール送信型と、サブ通信型と、裏口訪問型が考えられます。

・自己通信型はツールそのものでキー記録を取って自分で通信するもの
・メール送信型はメーラーをこっそり開いてキー記録を添付ファイルにして送信するもの
・サブ通信型はツールとは別のEXEプログラムが通信するもの
・裏口訪問型はパソコンに外部からアクセスできるように裏口を勝手に作って、外のパソコンからファイルを回収しに来るもの

といったところでしょうか。

まぁ、わたしは本職ではないので単語の扱いが不適切な部分もあるかもしれませんが、そこはそれで。



で、問題になってくるのがこれらの手管をいかに防ぐか、ということです。

キー記録そのものを防ぐのは困難です。

ファイル派であれば、最近の更新ファイルを検索すれば、ひょっとすると不審なファイルが発見できるかもしれません。

無作為型の場合、キー入力すればするほどファイルサイズが大きくなりますのでなおさら発見しやすいかもしれません。

しかし、肝心なのはキー記録が外部に持ち出されさえしなければ良いということです。

外部にキー記録を送信しようとしたところをブロックしてしまえばこちらの勝ち(?)です。



まずは、WindowsXP以上なら、Windowsファイアウォールが嫌でも入っていると思います。

これは無効にしてないですよね?

ちゃんと有効にしておきましょう。

デフォルトは有効ですけどね。

これが生きていれば自己通信型の場合は通信しようとしていることをメッセージで知らせてくれます。

サブ通信型の場合、Windowsファイアウォールをすり抜けるものがいます。

この場合、ツール本体の実行ファイルとは別に実行ファイルが付属している場合があるのでそれで判断できるかも知れません。

サブ通信型や裏口訪問型の場合はもう少し本格的なファイヤーウォールソフトを利用しましょう。

ZoneAlarm、ノートン・インターネットセキュリティ、ウイルスバスター、NetOp Desktop Firewall、ブラック・アイス・ディフェンダーといったものがあります。

上記のは有料ですが、NEGiES 、X-GUARD といったフリーソフトもあります。

中でもNEGiESは純粋にスタティックなパケットフィルタ型の実装がなされているのでわたしの一押しですね。

まぁ、少々使い方が難しいのが玉に傷ですが。


メール送信型の場合はメーラーのパスワードは記憶させないで毎回入力するようにしておけば勝手に送信されることは基本的になくなります。



とまぁ、いくつか対策はあるのですが、これで防ぎきれないものがあるかも知れませんし、この手の不正技術は年々高度化していきますのでいつかは別の手段が出てきます。

ということはパスワードは遅かれ早かれ漏れるもの、という考え方のほうがいいかもしれません。

たとえパスワードが漏れても、それを使われる前にパスワードの更新をしてしまえばいいのです。
\_( ・_・ llllllヽ)ココテストニデマスヨ


6日ごとか8日ごとにパスワードを変えるとか、少なくとも毎月パスワードを変えるとかしたほうがいいでしょう。



もちろん、パスワードは漏れないに越したことはないですし、そのための努力は惜しむべきでは有りません。

そしてパスワードが漏れたとしても、こちらのほうが先に変更しておけば漏れたパスワードはただのごみになります。

コンピュータウイルスにはキーロガー機能を持ったものもいます。

ウイルス対策ソフトも常に最新の状態になるようなものを使いましょう。

ウイルス対策ソフトをが入っていても、自動更新サービスは1年間というものもあります。

また、先日はソフトウェアダウンロードの大手、ベクターで公開されているファイルにウイルスが感染しているという事件がありました。

インターネットからダウンロードしたファイルにはウイルスがくっついているかもしれないと言うことを考慮しておきましょう。

不正アクセスとの戦いは始まったばかりです・・・





ところで、他人のパソコンにキーロガーを仕掛けて、不正にユーザーIDやパスワードを取得したり、他人のユーザーIDやパスワードでアクセスしたりすると、不正アクセス防止法違反となり、身元が特定されたら逮捕です(一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金)。

たとえ友人のユーザーIDとパスワードをその友人から聞いていたとしても、友人に無断でアクセスすると不正アクセス防止法違反になりうるということです。

もっとも上記の場合は被害が認定されなければ注意程度だろうけどね。




ってことで、ExpFabulicious に限って言えば、キー記録もとってないし、外部に通信しようともしていないということです。

つーか、ExpFabulicious が不正にユーザーIDやパスワードを取得してたらすぐ捕まるじゃん。

わたしは、犯罪者になりたくないから、そのような不正な機能は仕込まない、と言う当たり前のことなんだけどな。



そういえば、ExpFabulicious 近々ちょこっとしたバージョンアップするらしいですよ?


では、今日はこの辺で。

お湯カレー

posted by 紅閃光 at 19:26| Comment(11) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ちゅーんなっぷ!りたーんず

ども、紅閃光です。


えっと・・・

理解できたという意見がほとんど無くて、よくわからないという意見多数ということは。

説明するの下手

文章だけじゃダメということかな?

ってことで、絵で見てみましょうか。

内容は前回の「ちゅーんなっぷ!」を見てください。



STEPD メモリを詰め!

(B)仮想メモリのサイズ変更
カスタムDB.PNG
    → コントロールパネル → システム → 詳細設定 → パフォーマンス設定 → 詳細設定 → 仮想メモリ設定 → 初期サイズ&最大サイズ


(C)メモリの使用量をシステムキャッシュの管理に
カスタムDC.PNG
    → コントロールパネル → システム → 詳細設定 → パフォーマンス設定 → 詳細設定 → メモリ使用量 → システムキャッシュ



STEPE オマエイラナイキエチャエ!

(A)不要なアプリケーションは削除
カスタムEA.PNG
    → コントロールパネル → プログラムの追加と削除 → [選択] → 変更と削除


(B)タスクトレイの清掃
カスタムEB1.PNG
    → コントロールパネル → サウンドとオーディオデバイス → 音量 → タスクバーうんぬん

カスタムEB2.PNG
    → コントロールパネル → 画面 → 設定 → 詳細設定 → トレーアイコンうんぬん

カスタムEB3.PNG
    → コントロールパネル → 電源オプション → 詳細設定 → アイコンをうんぬん

カスタムEB4.PNG
    → コントロールパネル → ネットワーク接続 → ローカルエリア接続 → 右クリ → プロパティ → 全般 → インジケーターうんぬん

カスタムEB5.PNG
→ マウス → アイコンうんぬん

カスタムEB6.PNG
→ (・∀・)ゥィルスー!!対策ソフトのオプション → タスクバーうんぬん
※この辺はメーカーによって有ったり無かったりするので注意してね。


(C)デスクトップの清掃
カスタムEC.PNG



STEPF みんな集まれ!

ハードディスクの断片化解消
カスタムF.PNG
    → マイコンピュータ → ローカルディスク(C) → 右クリ → プロパティ → ツール → 最適化する → 分析 → 最適化



STEPG いらんことしーが!

(A)システムの復元の停止
カスタムGA.PNG
    → コントロールパネル → システム → システムの復元 → システムの復元を無効にする


(B)リモートアシスタンス機能の無効
カスタムGB.PNG
    → コントロールパネル → システム → リモート → リモートアシスタンス&リモートデスクトップ


(C)オフラインフォルダを止める
カスタムGC.PNG
    → コントロールパネル → フォルダオプション → オフラインファイル → オフラインフォルダを使えるようにする



STEPH 見た目で決めつけないで!

(A)LUNAスタイルの停止
カスタムHA.PNG
    → コントロールパネル → 画面 → デザイン → ウィンドウボタン → windowsクラシックスタイル
    → コントロールパネル → 画面 → デザイン → 効果 → 次の方法でスクリーンほにゃらら


(B)クラシックWindowsフォルダ表示
カスタムHB.PNG
    → コントロールパネル → フォルダオプション → 全般 → 従来のwindowsフォルダを使う


(C)縮小画面をキャッシュしない
カスタムHC.PNG
    → コントロールパネル → フォルダオプション → 表示 → 詳細設定 → 縮小版をキャッシュしない(チェックする)
    → コントロールパネル → フォルダオプション → 表示 → 詳細設定 → 各フォルダの表示設定を保存する(チェックはずす)


(D)視覚効果の設定
カスタムHD.PNG
    → コントロールパネル → システム → 詳細設定 → パフォーマンス設定 → 視覚効果 → カスタム



STEPI ホントのフォント

トゥルータイプフォントの禁止
カスタムI.PNG
    → コントロールパネル → 画面 → デザイン → 詳細設定 → 指定する部分を一項目ずつ選択して、フォントを全て「Tahoma」




これで少しは分かりやすくなったかな?

まぁ、ここまでのところでパソコンがおかしくなることはありえないけど、これっぽっちも意味がわからないなら設定は止めたほうがいいかもね。

もっと勉強しる!


であ、今日はこの辺で。

お湯カレー


posted by 紅閃光 at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ちゅーんなっぷ!

ども、紅閃光です。

ほんなら今日はパソコンの快適化のこたぁ書いてみるかぃの!
(ドコのくにだよっ)



・・・まぁ、普段からラグが多い人は死に瀕することが多くなるし、薬の消費も増えちゃうよね。

GMイベントの時は行く気も起きないとか。

ラグが回避できればそれに越したことは無いよね?



その前に。

ラグって何だろ?

って思ったことは無いですか?

ラグ = LAG = 遅延、遅れ のことです。

タイムラグ の ラグ ですね。

一般人界ではよくオンラインゲームなどで発生する遅延のことをさします。

ラグが大きいと動作がカクカクしたり、スローモーになったりします。

気が付けば別の場所にいたとか、最悪墓になったりとよろしくない結果を招きます。
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!  †┏┫あいつの墓┣┓†  ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ

みんながみんな同じぐらいのラグがある対戦ゲームではラグを読むといった高等戦略も可能なんだけどね。


使い方としては、

和文  一郎:「うーん、なんかまたラグってるみたい」

英文  マイク:「Hmm...think I'm lagging again.」

おっと、英語教室じゃなかった。


──────緩和球台──────
(ちがうYO!)



なんにせよ、パソコンもといWindowsの快適化(≒高速化)してラグ回避しようという話しです。

やれるところからステップ別にまとめてみましょうか。


STEP@ 全角落ち対策

ラグると落ちることがありますが、普通の狩りをしててラグが無いのに落ちるならば、全角落ちの可能性があります。

前に書いた記事はまだまだフレッシュなのでそっちを見てね。

→「全角落ち」

ついでにゲームパッドを使っている人は「JoyToKey」の導入を検討するのもいいでしょう。

これも過去の記事を参照してね。

→「ぼくたちにはボタンが足りない。」



STEPA ゲームの実行状態

ゲームオプションで画質を落としたり、音を消したりするのはそれなりに有効ですが・・・

パソコンの処理性能が悪い場合はともかく、通信回線の速度が低い場合に限ればあまり効果がありません。

なぜなら、マップやモンスタ、アヴァターの画像も音楽や効果音のデータは自分のハードディスク上にあるからです。

一定の効果はありますけどね。

でも、パソコンの処理性能が高い確率で発揮できる段階ならあまり意味がありません。

同じような理由でアヴァター(ポイントアヴァター以外も含む)は何を着ていてもパフォーマンスに影響はありません。

みんな裸で無手ならいくらか軽くなるだろうけどね。

裸ジャコム・・・
・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・


そして陸奥圓明流キタ━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━!!
o⌒Y⌒ /rz ウソデス


自分のペットをしまうと自分にとってはプレイヤーの1人分ぐらいは軽くなるはずです。

他人のペットなら0.33人分ぐらい・・・かな?

知らんけど。
《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!



チャット機能を一時的に切るのもそれなりに有効です。

同じマップに12人以上いるならば切ったほうがいいでしょう。

わたしの場合、普段落ちることは無いのですが、ジャコム本体戦は全敗ですね。

次こそはチャット切って臨みます。


ここまではジャブみたいなもんです。

ここからがWindowsにかかわってくるところですね。



STEPB Windowsはどれにしよう・・・

っていっても普通はWinXPのはずですよね。

Win95や98、MEを使っている人は、Win2000に移行しましょう。

というかパソコンはパソコンの期限は4年がいいところです。

ムーアの法則がゆるやかになってきた今のパソコンでは6年ぐらいはいけるかな。

いいかげんパソコンを1年に1台買う人生にも疲れてきました。

せめて2年に1台にしたいと思っています。

・・・

それは (つ´∀`)つ おいといて

Windowsのバージョンは、上がれば上がるほどと「重く」なります。

でも、それだけじゃない、それなりの効果はあります。

マルチタスク効率がアップしていたり、ハードウェアの障害回避がうまくなっていたり。

メモリーの異常やハードディスクの消耗に対してのレベルアップがされています。

まぁ。Windowsをバージョンアップするにもお金が必要になってきますけどね。

しかし、我慢するにもオンラインゲームはWin98はきついよね。

でも、大丈夫!

この記事ではWin98でもバッチリ効果がある対策を書いていきますよー




STEPC ゲームの裏側

ゲーム以外のアプリケーション(エクスプローラ含む)は終了、して、ます、よね?
わたしはしてませんが。

ブフッ∵(紅´ε(○=(゚∀゚ )シロヨ


アプリケーションを起動していると、何も動いていないようでもリソースがとられています。

エクスプローラなんかはアイドル時間にファイルの検索とかなんとかしているかもしれません。

終了してリソースを開放しましょう。




STEPD メモリを詰め!

(A)うん、メモリを増やす、コレだけでかなりの効果はありますよ。

Win2000で500M、WinXPなら1000Mは欲しいところです。

まどろっこしいのはイヤ!という方はおとなしく2G(2000M)積んでください。

わたしのお奨めは1Gです。

コレで十分。ほかのSTEPを参考にすればね。

ノートパソコンの場合は追加スロットはあるものもありますが1G以上にするのは難しいかもですね。

でも、大丈夫!

この記事ではWin98でもバッチリ効果がブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )オナジコトユーナ



(B)あわせて仮想メモリのサイズを変更しましょう。

システムのプロパティの詳細からパフォーマンスオプション、仮想メモリで、ページファイル(Win98ではスワップファイル)の設定ができます。

わたしのお奨めは最小でメモリの100%、最大がメモリの200%ですね。

メモリが512Mのパソコンなら、最小が512M、最大が1024Mということです。

この範囲内でシステムが自動的にサイズを決めてくれます。


(C)そして同じく詳細のメモリの使用量をシステムキャッシュの管理に任せることで快適になります。

ただし、メモリが512M以上で、複数のアプリケーションを同時に起動しないことが前提ですけどね。

※編集後記注 ページファイルサイズを大きくする前にSTEPFを先にしましょう。



STEPE オマエイラナイキエチャエ!

(A)不要なアプリケーションは削除しちゃいましょう。

プログラムの追加と削除から使わないソフトはじゃんじゃん消しましょう。

でも必要なソフトは消さないようにね。

これはハードディスクの容量云々よりも、Windowsを立ち上げたときに自動的に読み込まれるファイルを少なくするためです。


(B)あわせてタスクトレイ(タスクバーの隅っこ、ゲームガードが居座るあのところ)の表示を少なくしましょう。

IMEやグラフィックドライバ、ネットワーク、音量などなど。

リソースを開放しよう!


(C)それからデスクトップにはファイルをおかないようにしましょう。

ショートカットもダメです。

どうしてもというならフォルダをひとつ作ってショートカットをみんな放り込もう。




STEPF みんな集まれ!

Eで消しまくった場合はハードディスクのあちこちに隙間が出来ています。

それの何が悪いかというと、断片化つまり、ひとつのファイルが複数の領域に分かれて記憶されてしまいます。

ひとつのファイルを開くときに別々の場所に読みに行くために時間がかかってしまいます。

Dでサイズ変更したり、メイポがアップデートすると断片化が進行している可能性があります。

特にページファイルはいつでも必ず読みにいきますので、断片化は解消しましょう。(編集後記修正)

ディスクのプロパティから最適化を行います。

ま、パソコンの使い方にもよるけど、最低3ヶ月に1回は実行したほうがいいね。




STEPG いらんことしーが!

(A)WinME、XPではシステムの復元という機能があります。

定期的にWindowsの変更点をバックアップしてくれるという機能ですが・・・

(。A。)⌒Y⌒ ヾ( ´_ゝ`) イラネ

ぶっちゃけわたしはその機能を使ったこと無いです。

この機能をつかうよりWindowsのクリーンインストールするほうがましです。

大切なデータは意志を持ってバックアップすればいいしね。

WinMEのときなんか、この機能を有効にしたままだと時間が経つだけでハードディスクがいっぱいいっぱいになりますw

WinXPは変更しない限りは使用する領域は少ないですけど。

まぁ、なにかトラブッてもわたしは責任は取れません。

自己責任で。

まぁ保険はあってもいいかもね。

システムのプロパティで設定できます。(容量もね)

いっておきますが、ドライバのロールバック機能とは別なのでソレは安心。


(B)もうひとつ、リモートアシスタンス機能を無効にしよう。

WinXPには、ネットワーク経由で遠隔操作をするためのリモートアシスタンスという機能があります。

けど、使う機会は無いので無効にしましょう。

あ、もちろん使ってる人はそのままでね。

システムのプロパティからリモートで。チェックを外すだけですよ。




さて、ここまでは初級編ですかね。

ちょっとダレてきたかな?

でもここからがかなり効果が上がること請け合いです。

それにしても・・・相変わらず、長いね・・・
(;´∀`)・・・うわぁ・・・




STEPH 見た目で決めつけないで!

(A)WinXPから採用された、「LUNAスタイル」。

そう、ウィンドウの角が丸いアレです。

やめましょ?

あれ、角が丸いだけじゃないんです。

じつは、

3D(立体)になってるんです!

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

ソレまでのWindowsは当然2Dで、立体ぽく見えるようになっているだけです。

そんな事にリソース使わないでよ・・・

というわけで画面のプロパティのテーマをWindowsクラシックにしましょう。

これでWin98のときのアクティブディスクトップのような機能もついでにOFFになります。


今のWinXPがあふれてる現在では、逆にこのシンプルさがシャープで「デキル感じ」じゃない?
あ、気のせいですか、そうですか。



(B)あわせてフォルダオプションから従来のWindowsフォルダを使うようにします。

ついでにわたしはエクスプローラのリスト表示は詳細にした上で初期値にしています。

ってか、アイコン表示の存在価値がわからない件。


(C)もうひとつ同じくフォルダオプションの表示で縮小画面をキャッシュしないにしましょう。

コレがあると全てのフォルダにThumbs.dbというフォルダが作られちゃいます。


(D)さらにシステムのプロパティからパフォーマンスオプションで他の視覚効果の設定が出来ます。

まぁ、見てみてください。

全部はずすのも手ですが、流石にショボクなりすぎるかなーと思わないこともないです。

まぁ、ここは個人の趣味で。




STEPI ホントのフォント

ある意味、コレが一番効果があるかもしれません。

Windowsアプリケーションではかなりの効果が見えるはずです。

ゲームには・・・そんなに体感できないかもね。

いやいや、ちりも積もればなんとやら。


Windowsフォントといえばトゥルータイプフォント。

ソレまではスクリーンフォントといえばビットマップフォントが使われていました。

WinXPになってから新たにクリアタイプフォントが導入されました。

違いはナニかというと、字の大きさです。

ビットマプフォントは既定のサイズの絵(文字の絵)があって、既定のサイズ以外はそのまま拡大して表示します。

そのため、拡大したときにドットがカクカクするという欠点があります。

左横上にある自画像のようにですね。

コレに対してトゥルータイプフォントでは拡大されてもカクカクしないようにスムージングされて(文字の)絵が生成されます。

しかしながら輪郭がぼやけてしまう場合があり、ブラウン管ではふちが光るという現象がたまにありました。

クリアタイプフォントでは、光の三原色を十分に利用してくっきりと美しい(文字の)絵が生成されます。

しかし。

そのための犠牲はなんと多いことでしょうか・・・



Windowsでは常に、何らかの文字がどこかに表示されています。

常に、フォントの絵が描画されています。

トゥルータイプフォントはサイズごとに(文字の)絵が生成されますが、毎回いちいち計算するのは無駄なので、フォントキャッシュというファイルに保管されています。

Win95や98ではそれがハードディスク上のファイルだったため、かなりの付加がかかっています。

最大、最小、閉じるボタンの文字化けを経験したことはありませんか?

アレはフォントキャッシュ、つまりTTFCASHファイルが破損して起きることなのです。

スワップファイルでさえ壊れることは稀です。

TTFCASHファイルの負荷は創造を絶するものがあります。


そこでWin2000からはファイルではなくメモリの上に出しっぱなしにすることにしました。

おぃこらwちょっとまてーーーーーーーーーい!!


というわけで、ビットマップフォントを使いましょう。

大丈夫。サイズ14以下なんて、みんなただの線でしょ?

ただのビットマップフォントを呼ぶのもアレなので、この際Windowsが必ず読み出しているフォントにしましょう。

すなわち「System」フォント。

ただし、これだと大きく感じるかもしれません。

ならば「Tahoma」フォントにしましょうか。

アルファベット表示が少し Σd(゚∀゚d)ィカ酢!

普通がすきなら「Terminal」フォントです。

こっちは等幅ピッチなのでプログラマー系向けですね。

この3つともWindowsと一緒に読み込まれているので無駄なリソースは消費しません。



そのためには、画面のプロパティからデザイン、効果オプションでスクリーンフォントの縁を滑らかにするのチェックをはずしましょう。

ついでにアニメーションを辞めるのも手ですが、わたしはフェード効果が好きなのでこっちは有効にしています。

同じく画面のプロパティ、デザインの詳細からフォントの指定を変えることが出来ます。

このときタイトルバーのグラデーションを同じ色で辞めるとさらに快適になります。

まぁ、これもわたしはグラデーション表示を使用しています。




こんなところかな。



重ねて言いますが、設定のほうは自己責任でお願いしますよ?

上記の設定でwindowsがおかしくなったのならば、それはあなたの環境のせいなのですから。

もしwindowsが不安定になったらクリーンインストールする方向で。

そうやってスキルアップしていこう!

パソコンに強くなるのはソレが一番の近道です。

わたしも何十台のパソコンを新規セットアップしてきたし、何十回もクリーンインストールしてきましたから。
(本職じゃないのに!)

パソコンは重要な仕事の道具であり、遊びの手段です。

パソコンについて詳しくなることはこの先、必ず生きてきます。


ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆


そう、たとえ「Windows」が無くなった未来でもね。


大事なデータは定期的にバックアップしようね!

パソコンはいつ壊れるのかはわからないのだから。



であ、今日はこの辺で。

お湯カレー

上級編
posted by 紅閃光 at 21:23| Comment(6) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

魂のロンドベル隊

ども、紅閃光です。


最近メイポの動画でハードディスクがやヴぁいことになってます。;;

というかハードディスクが満杯になって撮りたい絵が撮れていませんでした。
o⌒Y⌒ /rz


最初はメイポをプレイしているパソコンで連続スクリーンキャプチャして動画にするソフトでも使おうかなと安易に考えていました。

ベクターからてけとーにツール落としてきてキャプチャー。

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 カクカクキターーーーー

10fpsなのにラグが凄い。
><

※注1)fps・・・フレーム/秒つまり1秒間のコマ数ですね。
     上記の場合1秒間に10回スクリーンキャプチャをすると。

ということで動画をキャプチャーするのは無理ですね。

えぇ、わたしのパソコンで出来なきゃスパコンじゃないと_ですとも。

スパコンでメイポ・・・( ´艸`)ムププ



ということで次の方法はビデオキャプチャーですね。

ビデオキャプチャーにはいくつかの方法があります。

@機器からビデオ入力を入れてパソコン本体でエンコードする方法。

A機器でビデオ入力をエンコードしてパソコンにファイル転送する方法。

パソコンと機器の接続方法としては、

BPCIまたはPCI−Expressスロットへのボード実装(デスクトップパソコンのみ)

CPCカードでの接続。

DUSB2.0(または1.1)

Ei-LINKもといIEEE-1394もしくはDV端子

また、エンコード方式にも種類があります。

Fエンコード無し

GMPEG2方式

H任意

昔、@-D-FとA-B-Gを試したことがあります。

当然CPUの負荷を考えると外部(機器)エンコード方式のほうが安定しています。

でも、どうしよう・・・

とりあえず100萬ボルト(電器量販店)でもいきますか・・・



店員:いらっしゃいませー

不審な女性:アイオーとバッファロとカノープスのカタログ持ってきてください。

店員:少々お待ちくださいませー

不審な女性:少しだけね。

店員:・・・
┘└
┐┌

店員:はい、少々お待たせしましたー(ハァハァ)。今日は何をお探しですか?

不審な女性:ビデオキャプチャーを少々・・・

店員:(少々って何個も買わないだろ?)

不審な女性:コレUSB接続ですよね?ユニット側でエンコードするのはいいんだけどUSBの大域幅が不足したとき本体にデータが溜まるよね?そうすると一時メモリが必要になると思うんだけどドレぐらいの容量があるのかな?時間でもいいや。標準画質のとき何秒ぐらいバッファしてくれるの?そのまま仮に一時メモリがいっぱいになったとしたらひょっとしてコマ落ちしちゃうのかな?逆にドコまで大域幅あったらいいの?そこんとこどうよ?

店員:う・・・あ・・・とりあえずこの商品はUSB2.0になっておりますので昔の製品のように大域幅不足になる心配はほとんどないかと。

不審な女性:それでもたとえばキャプチャしたデータを外付けHDに保存する設定にしたらかなり大域幅は狭くなるよね?そうじゃなくてドコまで許容できるかどうか知りたいって言ってるのよ。いいよもう。インターネット繋がってるパソコンある?メーカーのサイト見るから。カタログにも、サイトにも載ってなければどうしようもないよね。

店員:(ちっ、なら初めから聞くなよ。クレーマーかよ)はい、ではこちらのパソコンを使用ください。


などというやり取りがあったとかなかったとか。

※注2)フィクションです!ホント!



結局アイオーデータの@-D-Gの安めのを買いました。

ダメならまた買えばいーや

付属ソフトが多いのと少ないのとあったのですが、そこは無くても何とかなるかなーと。

接続はPC1(メイポ用)のS-Video端子からキャプチャーユニットにつないで、PC2(録画用)のUSBに接続っと。

やはりプレイ用のパソコンとキャプチャー用のパソコンは分けたほうが(・∀・)イイネ!!


他の方法としてはハードディスクレコーダーを使う方法ですね。

最近ではPCリンクできるものもありますから。

無いものでもDVD−RかCD−Rに書き出せるタイプがほとんどかと思うので、標準DVD−Video形式で書き出してリッピングすればいいですね。

リッピングするときは「DVD Decrypter」というソフトがお奨め!

当然フリーですよ。洋物ですが日本語化パッチもあります。




で、まぁ録画環境が整ったのでいくつか撮影したところ頭記のようになったわけです・・・



オーサリングするのはどうとでもなるのですでどエンコードするソフトがいいの無くて困ってます。

DivXもいいのですが、コーデックをインストールするのが難しい方々もいると思いますのでね。

予定では低画質をMS-MPEG4で、高画質をDivXにしようかなと思ってます。

ところが。

キャプチャー付属のソフトでは、ファイル出力が限られてしまっています。
(安物だから?)

JDVD−VIDEO形式・・・VOB形式のイメージファイル;; いや、DVDに書き出さないんですけど。

KSVCD−VIDEO形式・・・同上(キャプチャーはこの画質で行っています。でもマスターはもっと画質いいほうがいいかな?)

LDV−AVI・・・俗に言う無圧縮AVI。デジタルビデオカメラに転送しちゃいますよ?(持って無い)

MWMA・・・おぃw音だけですか?w

NMPEG2(WMP7)・・パソコンにはWindowsMediaPlayer9とコーデックパック入れてるんですけど。
ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?

変なの・・・


仕方が無い。

とりあえず無料のWindowsムービーメイカー出陣。
ドンドンパフパフ

とりあえず書き出せるファイルは・・・

おぉ、インスコされてるエンコーデックならなんでもこいだね。
(・∀・)イイネ!!

じゃ、さっそく・・・

さっきキャプチャしたファイル読み込み・・・

あれっ?

読み込みエラー!

なにゆえっ!?

コーデックが対応していない?

いや、ちゃんと再生でる( ゚д゚)ヤン


|ι´Д`|っ < もふだめぽ


ということで。

−−−−−−−−− チークタイム終了 −−−−−−−−−−


(ノД`)シクシク


ということで、エンコードソフト手配中・・・

まぁ、それよりファイルの置き場所だねー

どうしよう・・・

(3 ω 3)オキバショネーヨ

とりあえず小さなファイルでもうぷしよっと・・・




それはさておき。

メイポの動画といえばアレですね。

斬り賊動画。

八十八茶氏のキモイスーパープレイはさておき、問題はBGMです。

最初見たときは挿入歌についての予備知識は無かった訳ですが、聞いて思ったのは、

歌があまり上手で無いね。

いや、当然一般人よりは上手いけどねw

でも。

何だろう?

これは。

なにか心に染みて来る感じ。

アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

じゃなくて

ヾ(。´д`)ノィィジャナ-ィ

前にも言ったけど、わたしはリズムより歌詞派なので、作詞者がそれこそ全霊を込めた想いが伝わってきたようでした。

あるいはボーカルの心情がにじみ出ているのでしょうか。

コレ(・ー・)ナニカアルナ・・・

作詞者が辿った運命や背景については今回は触れません。(長いので)

いつかコメントすることはある鴨です。

気になる人は自分で調べてね。



〜魂の約束(ロンド)〜

メイプルストーリーを見たことも聞いたことも無い人が、いい!d(≧∇≦)b と言ってます。

結構いい曲ですよ。




それはさておき。

だれか10M程のファイルでいいからいくつも置かせて・・・

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )ヤダヨ

オカセロヨ( #゚д゚)=○)゚Д)^^^^^^゚



であ、今日はこの辺で。

お湯カレー


衝撃の事実?
posted by 紅閃光 at 19:33| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

そらから舞い降りしモノ

ども、紅閃光です。

近年、半導体・・・いや、コンピューター業界でソフトエラーと呼ばれる現象が起きており、一部でその対策とその検証が行われています。
では、ソフトエラーとは何でしょうか?
「主に宇宙起源の中性子等により半導体素子のON/OFF記憶情報が書き換えられて誤動作してしまう現象」
です。

これを聞いてどの程の人が、「そんなのメーカー責任回避の言い逃れヤン」と思わずにいられないでしょうか?

まぁ、実際わたしも最初はそう思いました。
しかし、これはほとんど回避不可能な自然災害なのです。

まず、近年問題になってきた背景としては、
半導体素子の微細化が進み、ONとOFFのエネルギー差が小さくなってきたということがあります。

現在の微細化回路はすでに電子の個数レベルでの設計になっています。
つまり、電気が流れる状態が“数mV”レベルではなく、“数電子V"や“数クーロン”レベルになっています。

極端な話、ON状態が電子20個、OFF状態が電子0個だとして、なんらかの原因で電子が10個になった場合、ONなのかOFFなのか区別がつかなくなっちゃいます。
これが少し昔ならば、ON状態が電子20,000個、OFF状態が電子0個だとして、同じような要因で電子が10個ほど増えたり減ったりしても大勢に影響が無いことは分かりますよね?

つまり、軽薄短小が進むことによって、外界からの影響でデーターが書き換わってしまう可能性が増えた、ということです。
当然、設計者はそうならないようにいろいろと手を尽くしていますので、発生確率は非常に低くなっています(数年に1回あるかないか?)。
もちろん電磁パルスや強磁界などのノイズ問題が起きていないところに限りますが。

ここまでは特に納得できないことは無いですよね?


素子が脆弱になったことは理解してもらえたとして、
次に、ソフトエラーについて見てみましょう。

まず“誰が”書き換わる原因となっているかを追いたいと思います。
実はソフトエラーは原子力業界ではかなり以前から知られていました。

原子炉由来の放射線によって、現在よりは電荷が多いはずの素子でも誤動作することがあったのです。
そこで、素子が誤動作しても暴走したりしないような統合システムが研究されました。

それが多重化の概念およびそのシステムです。
一部が誤動作したり故障しても、他方でそれをチェックして異常を排除して正常な動作を行えるようにしたものです。

原子炉内では中性子と放射線が生み出され続けるので、人体には問題ないであろうレベルであっても半導体素子にとっては致命的なトラブルが起きることがありうるのです。
その原子力業界においても軽薄短小の影響はによるソフトエラーの発生件数は年々増えています。
重ねて言いますが、全体では問題なく動くようになっていますからね。
暴走とかはしていないから安心してね。

そういう事実を踏まえたなら、地球上で宇宙中性子によってソフトエラーが発生しやすくなる事も納得できますよね。


しかし、近年特に問題視されているのは、半導体業界等で特殊ガスを扱う施設においてソフトエラーが多数発生しているという現象です。
もちろん特殊なガスと言っても放射線は出てないし、中性子が出ていると言うわけではないですよ?
当然、ガスによって空間電磁場が増幅されるといった現象もありません。

じゃぁ、なんですか?特殊ガス設備周辺だけ宇宙中性子が多く降ってくるんですか!?
そんなおかしな現象が世界各地で起きているというのはわたしにはとても信じられません。

定説では地球に飛来する宇宙中性子は地表に対してほぼ均等に降り注ぎます。
あ、ごめん。地表じゃなくて地球公転軸と自転軸に対してほぼ均等ですね。
要は緯度が高いところより低いところ、極地より赤道上の方が多いわけです。

均等に降り注いでいるのに特定の場所だけ発生頻度が多いと。
その理由が納得できるもので無ければ受け入れられません!!
(・∀・)オチャノンデカエレ!!


・・・実は。
原因はあったのです。
マニアックな人ならすでに突っ込みたくてうずうずしていると思います。
゛(。_。*)))(((*。_。)" モジモジ

実は中性子自体が素子にぶつかってもソフトエラーが起きることはほとんど無いのです。
でもソフトエラーは中性子が原因です。
どういうことか?

つまりソフトエラーとは、中性子がとある分子にぶつかって、それにより飛び出した電子が素子に飛び込んで状態を書き換えてしまう現象なのです。

中性子というものはなんでもかんでもぶつかるものではないし、ぶつかっても電子が飛び出すかと決まっているわけではありません。
たとえば酸素や窒素分子とぶつかっても電子は飛び出しません。
もうおわかりですか?

特殊ガスの中には中性子がぶつかりやすく、かつ電子が飛び出しやすい物質が含まれているのです。

そう、核分裂反応においても、分裂により発生した高エネルギー中性子は、そのままかウラン等核原料にぶつかっても連鎖しません。
減速材で中性子のエネルギーを落としてやってはじめて連鎖することができますし、熱エネルギーを取り出すことができるのです。
特殊ガス元素の中にはそのまま減速材として使われている物質もあります。

環境によるソフトエラーの発生頻度についてまとめてみましょう。
普遍環境・・・宇宙中性子が飛んできても滅多に電子がはじき出されないのできわめて稀。
特殊ガス高濃度環境・・・宇宙中性子が飛んでくるとたまに電子がはじき出され、稀にソフトエラーが発生する。
放射性環境・・・中性子の減速効果はないが数が非常に多くなるため、きわめてたまにソフトエラーが発生する。
ってことですね。


来るべき宇宙時代にはさらに軽薄短小が進み、大気圏というバリヤーがありません。
そのためソフトエラーが起こることを前提に、発生しても問題なく動くシステム作りが必要になりますね。


であ、今日はこの辺で。
お湯カレー

赤いヤツキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
posted by 紅閃光 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

買い換えるなら?

ども、紅閃光です。

えと、もしパソコンが買い替えれるなら・・・あなたは何を買う?

わたしは、まぁ、ブランドパソコンは買わないですね。
自作系BTOパソコンです。
やっぱ性能↑で価格↓だからね。
ブランドパソコンはスタイルがいいからいいという方も多いですが、
外見が良くても中身良くない金食い虫はいらないでしょ?
(言いすぎだお!)

昔、あるおじさんが言いました。
コンピューターは24ヶ月で処理性能が倍になると。
コレをマーフィ・・・じゃなくてムーアの法則といいます。
本当に言ったことはちょっと言葉が違うんですけどね。(ボソ
実際にかなり最近までは予言(預言?)どおりにコンピュータ業界はがんばってきました。
CPUの処理速度、メモリやハードディスクの容量などなど、などなど。
極端な話、4年経ったら性能は4倍、もしくは価格が1/4になるわけですよ。
実際にはそんなに激しく変わらないですけどね。
最低スペックがその倍ぐらいの期間で淘汰されていくので、
主流はその中間ということになりますかね。
まぁ、パソコンは10年使おうという電化製品ではないということですよ。
もったいないけどね。
努力すれば使えますが、時代についていけなくなるよ。
(独断と偏見)

まぁ、パソコンは使い道があってこそ買うもの、とわたしは思います。
いざ買うにしても、性能とスペース、拡張性、価格のトレードオフを見極めるのが肝要かと。
わたし的にオススメ分類すると、
@ハイエンドデスクトップ  性能:◎、スペース:×、拡張性:◎、価格:×
Aハイエンド省スペースデスクトップ  性能:◎、スペース:△、拡張性:△、価格:×
Bローコスト省スペースデスクトップ  性能:○、スペース:△、拡張性:△、価格:◎
Cスタイリッシュノート  性能:○、スペース:◎、拡張性:△、価格:×
Dハイエンドノート  性能:◎、スペース:○、拡張性:△、価格:×
Eローコストノート  性能:△、スペース:○、拡張性:△、価格:○

ノートは片付けるとすっきりできるんですが、モニター付きため、価格↑
デスクトップはモニターが別で必要ですが価格↓は性能↑になりやすいです。
拡張性に関してはUSB2.0が普及してますので一般の方はあまり必要ないです。
タワー型なんて、こだわる人のみの世界ですね。

わたしのオススメを書いてみましょう。
@FREEWAYのケースが(・∀・)イイ!!
 TOWTOP標準ケースは太目のタワーで、
 エアーフローが良く、安定性もいいです。
 来たれ趣味人。
 まぁ、性能、機器構成は自由自在ですね。

Aシャトルキューブ型PC
 わたしの一押しですが(前に書きましたが)、
 CPUは最新、HDでRAID組んで、高速グラフィックボードにも対応。
 このケースは音も静かで温度も篭らないです。
 ヽ(´ー`)ノマンセー

Bまぁ好きにしてくだしあ。

CVAIOでも好きに選んで。

D特定のオススメはありませんが、オールインワンの14型↑を推奨します。
 デスクトップとタメを張る性能を持ち運べるのはひとつの優越感があります。
 ノーパソだから性能が落ちるなんていわせないっ
 モバイル用途には向きませんけどねw
 自宅据え置きでたまに片付けてキレイキレイすればいいさ。
 デスクトップは片付けるのも一苦労です。
 あぁ、あとノートタイプならカニクエ、ルディクエ、ジャクム一段の持越しがしやすいね。(マテ

Eまぁ好きにしてくだしあ。

ローコストパソコンは自作系ショップで見ればかなり安くいただけます。
ブランドパソコンのローコスト版なんて無意味な選択は控えようね。
ノーブランドのほうが圧倒的に早い、安い、うまい。


まぁ、趣味用、ゲーム用、仕事用などなど他の観点からの選び方もあるんですけどね。
もし、悩んでるなら相談に乗れるかもです。
(*´σー`)エヘヘ

安い買い物でも良く買うものでもないので後悔しない買い物をしたいです。


だれだよ! 年一台買ってるのはっ!
ガクガク(((゚Д゚)))ブルブルオレシラナイ


であ、今日はこのへんで。
お湯カレー
続きを読む
posted by 紅閃光 at 13:51| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

(;゚д゚)ァ.... ごみんね。

ども紅閃光です。

気がつけば半月以上放置してますね・・・
前回報告したx紅閃光xもLv42になりました。(←(・A ・)イクナイ!)
たまにチェックしてくれている方、ごみん@ありがとうございます。
ネタはあるんですが・・・
書く時間がびもー。(仕事中に書きますか・・・)←ダメ会社員


またパソコン(前回とは別)が壊れてしまいました。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
電源を交換したらメモリかマザーボードが死亡したようです。
(途中まで起動するんですけどね)
なぜだー

修復するのもあれなんで。
買い換えます。

兄からもらった(接収したわけではありません)ヤツなんですが、
USB2.0もドライバ認識不良で1.1でしか認識しないし、
1000MのLANボードもドライバインスコできてないし。
あと、タワー型だし、
ハイパースレッディングテクノロジついていないし。
(ノ ̄ー ̄)ノ :・’.::・>+○┏┛焼却炉┗┓

今度はキューブパソコンにしました。(手配済)
Pentium4D2.8GHzです。
デュアルコアですよ?
シングルのCPUチップに物理的に2つ分のコアが集積されています。
たまに、デュアルチップ(CPUが2個)と混同されている方がおますが、違うことです。

ちなみに、ハイパースレッディングというのはもともと
シングルチップ&コアに仮想的にふたつ分のCPUを偽装(?)させるもので、
デュアルコアは論理的にふたつ分のCPUが実装されています。
デュアルコアとデュアルチップの違いは・・・
さすがに省略しますが、鯖用パソコンではデュアルチップのほうが
性能が発揮できるようなマザーボードとなっています。(゜ー゜;Aアセアセ
一般的には、HT→DCore→DChipと言えるでしょう。

しかし、良く見るとDCoreのCPUにもWith Hyper Sledding Technologyとあります。
これは真の意味でのハイパースレッディングということで、
要はマルチスレッディングよりも上位のスレッディングであると。

ちなみにHTでもDCでもアプリ側でマルチスレッディング(ハイパースレッディング?)に対応したものでないと、その恩恵は感じられません。(といわれています)
OSとしてはWindowsXPでないとHTにしろDCの恩恵は発揮できないことにもなっています。
しかし、あえています。
Windows2000でもHTの価値はあります。
Σ(゚Д゚;エーッ!
いまどきWin2000て・・・

試せば一目瞭然、Windowsが遅くなりにくくなります。
これはHT(シングルコア&チップ)のせいなのかどうかはわかりませんけどね。
DC+Win2000はさすがにチャレンジしないとわかりません。(情報きぼん)
パスワード解析させながら←ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
ゲームをふたつ(オフラインとオンライン)実行しても←( ゚Д゚)ポカーン
Windowsの操作に待ちがありません。
(でもXPのパソコンでは何も実行して無いのに30秒ほどだんまりがあるなぁ・・・)


横道が長い・・・
閑話休題

HDはシリアルATAでのRAID0(ストライピング)です。
めんどいので説明は初級シスアドの過去問から。
RAID・・・複数の磁気ディスク装置を使って信頼性が高く高速な大容量記憶媒体を実現する技術。Lv0〜5。(H11 春 問68)

RAID0(ストライピング)・・・細分化したデータを複数の磁気ディスクに巡回的に並列入出力することによって、転送速度の向上を図っている。(H13 春 問26)

RAID1(ミラーリング)・・・同一データを同時に別々のディスクに書き込む。(H10 秋 問24)
ミラーディスクとして使う場合、使用効率は全容量の50%になる。(H9 秋 問71)

RAID3・RAID4・・・データを記録するディスク以外にパリティ記録用ディスクをもつ。(H10 秋 問24)
(参考)RAID3・・・ビット/バイト単位、RAID4・・・ブロック単位

RAID5・・・データブロックとパリティブロックを複数のディスクに分散して格納する。(H10 秋 問24)

実はRAID0は未体験で、初導入です。
。・:*:・゚☆ ネ兄 れいど0 すとらいぴんぐ マンセー ,。・:*:・゚☆

今まで処理能力のボトルネックがHDアクセスでしたからね・・・
SCSI-RAIDでは価格が高すぎるし、IDE-RAIDでは仕様的に意味があるのか疑問(個人的に)。
楽しみです。

メモリはシングルチャンネル1G。
512Mデュアルチャンネルにしようかとも思ったのですが、
まぁ、あまり効果がなさそうなので。
デュアルチップで、別々のメモリバスが確保されてれば意味があるかもねー。
デュアルコアの場合、バスラインは一本ですから。
メモリーそのものの動作速度がボトルネックになったら効果があるでしょうけどね。
ハードディスククアクセスがボトルネックの場合は、無駄です。

USB2.0、IEEE1394、Gイーサーネット、光デジタル入出力、6.1CHサラウンド、
外部シリアルATA、PCI-E、8inメモリーカードリーダー・・・
いたれりつくせり。
グラフィックカードは、今回は見送り。
ゲーム用ではないので、ね。


今週末入荷予定黒ハート


あ゙ー、また長々と違うことを・・・ホントはメイポのことを書こうとしたのに・・・
。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

耐性の無い方ごめんちゃいm( __ __ )m


であ、今日はこの辺で。
posted by 紅閃光 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

発熱量おおいー

ども、紅閃光です。

前に死亡したパソコンですが、修理して帰って来ました。
(*^o^*)オ(*^O^*)カ(*^e^*)エ(*^ー^*)リーー!

結局ね、マザーボードを交換しました。
おかしなことに、パソコンショップで診断と修理をお願いしたんですが、
再現しないんですよねー。(WindowsXP)
ハード的には問題は見つからなかったそうです。

Windows2000の問題かと思って、
ハードディスクをミラーしてから再インストールしよかなと思ったけど、
まったく立ちあがらねぇ・・・
ウワァァァンヽ(`Д´)ノ

また、ショップに持っていきました。
(どうでもいいけどデスクトップなので重・・・)
するとまったく問題なく起動するではないですか!
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

なにが違うんだー
モニターは問題なし・・・
電源は問題なし・・・
温度も問題なし・・・
Σ(゜ロ゜〃)キーボード&マウスがUSB接続だ・・・(ショップではPS/2)
まさか、USBコントローラーの問題か!?

確認とるにはまた持って帰らないと・・・
もういいや・・・
マザーボード交換っと。
店員が現象の再現がどうのこうの言ってたけど。
いいから替えろや!
(という内容をやわらかく伝えました)

交換完了。
で、起動。ポチットナ

おー直った!
その後何度か確認しましたが無問題。
やとなおた。

早速メイプル・・・
おお、早い早い。
やはりメイプルもグラフィックボードの違いは顕著です。
コマ落ちが少ないんですよ。
ショボイパソコンではFJつかうとコマ落ち激しくて激しくて。
見た目だけならいいんですけど、
やっぱり動きも遅いんですよね。
いいCPUやメモリでも解決できないようですね。
しまいにはPT狩りでも重くなるようです。
ごめんちゃいm( __ __ )m苦労かけたねぇ

皆さんも、こいつと狩ると重いな・・・とかありませんか?
実は回線の太さでもCPUやメモリではなくグラフィックの問題かも知れませんよ?


まあ、それはそれとして、
新しいマザーボードはIntel製にしました。
店員いわく、故障率の低さからいくとIntelが一番です、と。
Intelの〜技術は〜世界一〜〜〜

で、Intelのマザーボードにはアクティブモニターという
マザーボードモニターツールがついてくるんです。
温度が高くなるとアラームがうるさし。

仕事中は露店ほちでパソコンは動きっぱなしなんですが、
帰ってくると部屋、暑!
エアコンを帰ってくる前にタイマー予約しているぐらいじゃしゃれにならないくらい。
アクティブモニターで見ると、
8:00エアコン切
10:30温度センサー2アラーム
11:00温度センサー1アラーム
おいっ
2時間でエラーかよw
なんかもう一台のパソコンもネットワークボードの調子が悪いし・・・
熱で壊れたかも・・・

エアコンつけっぱなしにしないといけないかも・・・
電気代どんだけかかるんだよぅ・・・
パソコン切ればいいだろ!
最近外が暑いのはあるけど・・・
35度ぐらいでエアコンを自動でON/OFFしてくれないかな・・・?


あ、前にパソコンが壊れたあとで、
面白い現象に出会いました。
フリマで看板を出したまま移動できちゃったんですよ。
この絵で分かるかなー

20050627192800_歩く露天1.jpg

20050627192804_歩く露天2.jpg

良く見れば歩いているのがわかるっしょ?
壊れたメッセージ書き込むと壊れちゃうのかなぁ・・・

あ、昨日Lv100到達〜


今日はこの辺で。

であ、お湯カレー
posted by 紅閃光 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

パソコン死亡

ども紅閃光です。

土日は引っ越しの準備もほとんどせずにめいぽばっかりしてしまいました。
(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ!

とはいうものの、
露天でも嘆いているのですが、
パソコンが壊れてしまいました。

(以下ちょっとその状況を中継・・・)
(パソコンが良くわからない人は飛ばしてね黒ハート

数日前から、唐突にHDのアクセスランプがつきっぱなしでフリーズして、
電源OFFかましていたことがあったのですが、
土曜日にはWindows2000を再起動する途中に電源が落ちてしまうようになりました。
Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!

Windowsの起動プロセスの80%ぐらいのところで落ちてしまうようです。
気になるのはHDのアクセスランプの点きっぱなし。
良くみるとオプティカルドライブのランプもつきっぱなしっていうか、
なんかアクセスしてるー!

むー、とりあえずBIOSではちゃんと認識しているし・・・
(IDE:オプティカルD×2、HD×2 SATA:HD×2 USB:HD×3)
HDのクラッシュにしては不自然だし・・・
その前にWindowsXP(デュアルブート)でブートしてもダメ・・・
進捗的にはIDEのデバイスの32bitドライバでの再認識中のようにも見えるので
IDEのデバイスを全て外してみてもダメだし・・・
電源容量が不足するわけも無いし・・・
温度異常もマザーボードで検知して無いし・・・
とりあえず冷やしとけぇ!

ということで別のパソコンを持出してメイポ起動。
パッチが新しすぎてクライアントソフトをダウンロードし直し・・・
。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ300Mオーバーダヨゥ、アハハハハ
遅い、オソイ、osoi・・・
(-.-)Zzz・・・(゜_゜)パチッ ネテタ!!
でインストール。
起動。
あぅ、ジョイパの設定が無い!
ジョイパの設定してたら、静綺が横に立ってるし、
てきとーに待たせといて、なんとか設定完了!

(ここまでで状況終了!)


その静綺と一緒にバーフィー狩ってたら、
彼奴ばかりドロが・・・
おっと、そのパソコンには辞書入れて無いから顔文字が使えない・・・
ウワァァァンヽ(`Д´)ノ

なんかパソコンはすごく重いし・・・
キューブPCとはいえ、わたしの部屋では一番新しいパソコンなんだけどな。
まあ、いいや、
兄に返品するか。
ツカエンゾコイツ(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

まあ、壊れたほうはマザーボードの可能性が高し。
引っ越ししたついでに、買い換えるかな・・・もとい。

おにぃ〜ちゃん、かってぇ〜黒ハート

(;´Д`)グハッ (自爆
う、そんな歳では・・・
,,,orz,,,,

今日は絵が無いし、めいぽネタでも無いですな。
というか、パソコン壊れているのにめいぽすんなや。
ま、HDさえ生きてたらどうとでもなるからね。

昨日、徹夜でサラリーマン金太郎全30巻を完読!
まったくねていますぇん!
で、無事にお仕事完了!
帰って引っ越し準備!
でSDT狩り!
それから寝るぞ〜

今日はこの辺で。

であ、お湯カレー
posted by 紅閃光 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。