2011年05月26日

カテイの事情の二乗

ども、紅閃光です。

・・・ひょっとすると今年の夏は輪番停電を回避できるかと期待してたけど、浜岡原発@中部電力が停止したことでやはりダメなんじゃないかな。
おかげで中部電力から東京電力へ周波数変換を伴う電力応援が取りやめになってしまいました。
ティキン総理のおかげで今年の夏休みは真っ暗だよ!停電だけに!

地震対策としては、おもに電源の確保と、津波対策があります。まぁ、振動対策も本当はあるんだけど、それは最初から対策済みなのでいいとして、電源の確保は電源車を高いところに待機させておけばいいだけだし、津波も防水対策さえされていればなんのことはないはずなのに。
そもそも福島原発の問題は耐震設計震度以上の地震のダメージにより破損したせいであり、津波で電源喪失したことは直接の原因ではないでしょ。
放射性物質がパイプラインからもれて、あちこちに漏れたのがピットの亀裂から海に流出って、パイプの破損もピットの亀裂も津波で割れたわけじゃないじゃないの。

もしくは、ピットの亀裂はともかく、パイプラインの破損は地震ではなく、ベント作業をしぶってたおかげで内圧が上昇したことによる、ってんなら津波のせいだとか言ってもいいかもだけど。
でも、想定震度が違う時点で想定津波高さも違うわけで、やっぱり耐震設計ミスじゃないのと。
まぁ、ベントためらいのおかげで容器からだた漏れしてるのなら、数時間の判断遅れでずいぶん被害が拡大したわけだ。
どっちか知らないけどね。

ただ、問題なのは「振動対策はともかく津波対策が不十分だから停止」だというはおかしい。なぜなら、原子炉は冷温停止していても安全とはいえないから。
冷温停止している状態でも、冷却能力を喪失するとメルトダウンを起こす可能性があるんだ。たとえ制御棒が全投入されていてもね。
もちろん、冷却能力が停止してからメルトダウンを起こすまでの時間には差があるけどね。
だからネックになるのは、冷却能力を維持できるかどうか。もっと言えば冷却能力を喪失してから復帰するまでの時間をどれぐらいにできるかということになるよね。

そのための緊急設備や作業訓練を行うことが必要で、それがあれば発電をしていてもしていなくても関係ないことになる。発電を停止した浜岡原発でほぼは間違いなく有効稼動人員は削減されるだろうから、むしろ発電停止したことで危険度は上がったかもしれない。

まぁ、数ヶ月以内に東海地震が起こることは無いだろうけどね。
「去年の駿河湾沖地震、今年の富士五湖地震は東海地震とは関連が無いため、東海地震のおきる確立は下がっていない。あしたにも東海地震が来るかもしれない」
・・・そんなわけは無い。
近年の地震が東海地震との関連が無いということは、まぁいいでしょう。
関連が無いということは地盤に蓄積られるいわゆる地震エネルギーが発散されていないからね。
地盤にためられる地震エネルギーはシェイクする缶コーラに例えられるかもしれない。あしたにも地震が発生するというレベルなら缶コーラは触っただけではじける直前の状態のはず。それが関連が無いとはいえ、すぐ近くで発生した地震で誘発されないのなら、まだ缶が破裂するまでに余裕があるということ。
まぁ、だからといっても、じゃあいつ来るのかなんていうのは答えられる人はいないけどね。あくまでも地震がおきないという理由がない以上、おきるかもしれないって言っているだけだからね。
さっき言ったとおり、缶コーラの缶がはちきれそうでないと思うので、そうだね・・・1年以内に地震がくる確立は1%以下だと思う。5年以内は5%、10年以内は10%以下、かな。適当だけど。でも発言の責任は震災エリアに住むことで取る。
わたしがなんと言おうと政府の対応が変わるわけでなし。
せめてこのサイトを訪れた人のウロコを落とし、この社会の地位や権力がこの世界の真実を解明していないことを伝えるのみです。

まぁ、それはともかく。

さて、前回発電効率について触れたけど、なんで原子力発電機の効率が悪くて火力発電機の効率がよいのかということからいろいろ考えをまとめてみましょうか。


本文を読む(所要時間15.5分)
posted by 紅閃光 at 06:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

いわゆるカテイの事情

ども、紅閃光です。


先日、日本テレビのバンキシャでやっていましたが、原子力発電所のある市区町村の首長にアンケートをとったところ、回答をもらったほとんどが「現在の原子力発電を利用する」といったものだそうです。
もちろん、どこも安全を積み増しするのは間違いないのでしょうが。
テレビ番組にかぎらずアンケートは時に結論を誘導するようなものがあり、内容の集計をするときにも結論ありきでスタートすると正確な分析ができないこともあります。また、テレビ番組は意図的にそのような分析をすることがあります。
なにせ、「社会的正義を守るためなら、多少の誇張や無視は許される」と考えているわけですから。
また、「バラエティ番組ならウソやデマを流してもいい」とも言っています。

とはいえ、アンケートやその結果そのものは改竄されることはあまり無いのである程度の確度を持ったソースとして使えます。
分析結果は・・・裏を取らない限り、参考にしないほうがいいでしょうけどね。

それはそうと、東日本大震災の被害を受けて、世論は「原子力発電なんかすててしまえ」という意見と、「原子力発電は捨てたくても捨てれない」という意見ががっぷり取り組んでいます。
なぜ捨てる必要があるのか?なぜ捨てれないのか?
また、電力が足りないって言うけど、どういうこと?

今回はそのあたりをせめてみたいと思います。

本文を読む(所要時間8.3分)
posted by 紅閃光 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

雲のように、流れるように

ども、紅閃光です。

さて、先日の衆議院総選挙は残念な結果になりました。

「度史的な大勝利」または「歴史的な大敗」とのたまう人々もいますが、別に歴史的な価値があるわけではありません。これで日本が変わると思ったら大間違いです。
いえ、確かに与党の政党が変わったことにより、その政党のやり方によっては、一見多くのことが変わるでしょう。
もともと民主党も自民党も同じ母体から満ちたが得た政党ですが、道が違うということは確かに違いはあるのでしょう。
しかし、わたしが変わらないといったのはそういう政党による「色」の違いや政策ではなく、結局日本はいまだに一大政党制という政治構造そのものが変わることができなかったということです。
今回の選挙で、日本は二大政党制に突入できるチャンスがありました。しかし、結局はコインの表裏が裏返っただけの一大政党制です。
(´・ω・`)がっかりです。
本文を読む
posted by 紅閃光 at 04:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

バイオハザード ETHANOL 2ndステージ 第1話

ども、紅閃光です。

さて、今回はエタノール再び!です。
原油価格が低下したこともあって、日本世論ではもう忘れちゃった感がありますが、わたしが予言したように原油の高騰は再び来ます。
そのときのためにボクたちは正しきなまこ・・・じゃなくて、正しきまなこで物事を見つめる力をつけなければなりません。

今回はタイトルこそエタノールと入っていますが、主役は別にいます。

バイオハザード ETHANOL 1stステージではバイオエタノールは省エネにならない、環境に悪いということを説明しました。
だからといってバイオ燃料と呼ばれるものがすべて悪いということにはなりません。

バイオ燃料と呼ばれているものには、何種類かあります。
特に大手ではバイオディーゼルと呼ばれる燃料があります。
これは食用油を再生してディーゼル燃料にしたもので、従来は燃えるゴミになったり川に流されたり、浄化槽で分解されたりしていました。
ゴミを有効に再利用しているわけで、バイオ燃料の中ではもっとも(唯一?)環境に良い燃料と言えます。

と、1stステージのフォローをしつつ、2ndステージではいわゆる新型エコカー、
 ・ハイブリッド自動車
 ・水素自動車
 ・電気自動車
についてざらりと触れてみたいと思います。

これらと、通常のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、バイオエタノールエンジンを交ぜて、二酸化炭素排出量が少ない順(エネルギー変換効率の良い順)に並べたらどうなるでしょうか?

日本国民的感覚からいくと、
 水素 < 電気 < バイオエタノール < ハイブリッド < ディーゼル < ガソリン
でしょうか?

あるいは、1stステージを理解していれば、
 水素 < 電気 < ハイブリッド < ディーゼル < ガソリン < バイオエタノール
でしょうか。


いいえ違います。

 ハイブリッド < 電気 < ディーゼル < ガソリン < バイオエタノール < 水素
なのです!

・・・まぁ、話の展開的に読めたかも知れませんが。
ヒソヒソ( ゚∀(・−・)?


2ndステージも3回構成になるかな。
今回はまず、ハイブリッド自動車のおおまかな姿を追いたいと思います。
本文を読む
posted by 紅閃光 at 00:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

バイオハザード ETHANOL 第4話

ども、紅閃光です。

リアルわたしは、転勤先がなかなか決まりません・・・
静岡の可能性もでてきました。
ま、それはさておき。


今回からやっと主役のバイオエタノールが登場します。
主役は遅れてやってくるものなのです。(ぇ
最終回だけど。
最終回に初登場の主役 ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ


さて、木材油化では、現代科学は無様に大敗を喫しました。
木材油化について記憶が定かじゃなくなった人は過去ログにGO!


木材油化に失敗したのは、分解しにくいセルロースやリグニンが悪い! きゃつらがいなければ勝利できた!
そういってリベンジに息巻いている人々がいます。
そして目をつけたのが、そう、バイオエタノールなのです。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 20:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

バイオハザード ETHANOL 第3話

ども、紅閃光です。

前回は政治ネタを提供しましたが、やはりこの方向は封印することにしましょう。
「矛盾を〜♪追いかけても〜♪終わーらない、なぜ、ボクはー戦うの〜?」


さて、今回は少々横道にそれまして、「炭はゴミか?」ということと「炭が燃えるのはなぜか?」という話をしたいと思います。
少々細かい話が続きますので、スイマーが来襲すること請け合いです。
寝る準備してから読みましょう。


石油にしろ、エタノールにしろ、炭化水素の化合物による液体です。
もちろん、木材は、炭化水素の化合物による個体です。
そして炭とは不純物炭素の個体です。

木材が燃えるのは、炭化水素が燃えるからです。
では、炭は?
炭はいったい何が燃えているのでしょうか?そもそも燃えていると言ってよいのでしょうか?

本文を読む
posted by 紅閃光 at 06:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

バイオハザード ETHANOL 第2話

さて、前もって記事を準備しておいたおかげですばやくお届けできました。
リアルわたしは今引越しの準備でおおわらわです。たぶん。

今回もエタノールについて語りますよ〜


バイオエタノールはおもにトウモロコシから作られています。サトウキビも多いけどね。
トウモロコシからバイオエタノールを作る前に、ちょっと木材油化について調べてみましょう。
なんでいきなり木材油化!?と突っ込みたくなるのはちょっと我慢していただいて、と。


本文を読む
posted by 紅閃光 at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

バイオハザード ETHANOL 第1話

さ・て・と
気がついたら前回の更新から果てしなく時間が経過してしまいましたねぇ。

たまに更新チェックしてくれてた人々に、ごめんなさい、そしてありがとう(?)
仕事が忙しかったり、引越しが迫っていたりとなかなか忙しくて、のんびり記事もかけなかったのですよ。途中で記事を消しちゃったりしたし・・・

今はスポット的に忙しくは無くなったけれど、やりたいことが多すぎてやっぱり忙しいです(マテ
まぁ、就労時間内は比較的暇なので(オイ、記事を書くのには最適ですやったね!
で、一回でアップするには文量が異常なので、分割してアップすることにしました。
これで巡回チェックの価値が上がるねやったね!
いえ、ほんますいません。


さて、これからしばらくは表記のとおり、エタノールについて書いていきます。
エタノールですよ!
エターナルではないよ!
間違ってゾンビ関連で検索エンジンに飛ばされて来てしまった方、
ほんますいません。

まぁ、気晴らしにでもお楽しみください。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 21:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

いまそこにある?危機3

ども、紅閃光です。

またもや、前回から期間が空いてしまいましたが、世界を取り巻く危機についての最終回?です。
(※編集部注:最終回です!)

なんで編集部やねん!


ま、冗句はともかく。



前回までで、食糧危機に関して告発(?)してきましたが、今回は原油価格の高騰に関して述べたいと思います。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

いまそこにある?危機2

ども、紅閃光です。

1週間の通勤運転時間が合計15時間になっていて、とてもとてもストレスが溜まる今日この頃です。

先日、運転免許を更新したのですが、道路交通法の改正にともなって、普通自動車免許が中型自動車免許にパワーアップしました。
いや、まぁ、内容は変わってないんですけどね。4tトラックまでです。



さて、おまたせしました。


今回は食糧の生産がどこまで合理的に行われているかを追求していきたいと思います。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 22:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

いまそこにある?危機

ども、紅閃光です。

さて、6月5日は、世界環境デーです。

最近「STOP温暖化」とか「食糧危機」と叫ばれていて、食糧不足でデモが起きたりして国際情勢は緊張が高まりつつあります。
そろそろ食糧問題を端にした紛争、いえ、戦争が起きてもおかしくない状態になってきました。

わたしはこのサイトでは、あまり政治に関するネタを書くつもりは無いのですが、数年経ってから「ほれ見たことか!」ということを言いたいので、ここで先言しておきます。


本文を読む
posted by 紅閃光 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

水の星に愛をこめて 完結篇

ども、紅閃光です。

今回は素直に始めますよー

まぁ、メイポ関連で見に来た人は気分転換にでもお付き合いください。



問6・・・二酸化炭素を減らして温暖化は止まるか?

本文を読む
posted by 紅閃光 at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

水の星に愛をこめて 第二部

ども、紅閃光です。

それでは、前回の続きですね。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

水の星に愛をこめて 第一部

ども、紅閃光です。

Zガンダム!!

ミス
(o^∀'o)ェヘッ


えーと、今回は温暖化についてです。

本文を読む
posted by 紅閃光 at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。