2010年08月19日

クロニククロニクル〜シロのショウ〜


ども、紅閃光です。

ああああああーっという間にお盆休みが終わってしまいました。
今年もまた休日ニートになりました。
映画は何本か見ましたけどね。
ヒッキーとドラゴンとか。あれ?なんかおかしい?
ベストキッド4とか。

ExpFabulicious Developer の開発を進めようとおもってたけど・・・まったく進みませんでした。
なんだかすごく短く感じました。
ドラゴニカの仕業かな。


さて、今回は前回に引き続き、昼寝型頭痛症の原因を探るべく耳鼻科へ行ったところから続きます。

※一部心臓に悪い写真があります。注意してください。


本文を読む(所要時間およそ9.4分)
posted by 紅閃光 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

クロニククロニクル〜クロのショウ〜

ども、紅閃光です。


正確に言うと、「Chronic disease chronicle」、直訳すれば「持病年代記」、フィーリングとしては「持病奮戦記〜黒の症〜」といったところでしょうか。
なんで自分で考えたのに翻訳したみたいな流れになってるんだか・・・。

ところで、クロニクル(≒年代記@名詞)もクロニク(≒持病がある@形容詞)も同じクロノス(時を司る神)を語源とした語なんだ。
だからどうだというわけじゃないけど・・・

先日まで何度か持病について書いてきました。
こないだ、今日も今日とて日曜日に持病発症した翌日、後遺症が微妙に残ってる月曜日のことでした。
ふとしたきっかけで、職場の5km圏内に、頭痛外来がある病院(脳神経外科)があることがわかりました。
( ̄□ ̄;) ナント!!

で、診療時間を見たら、18:30まで。受付に関しては特に記載がないので(歯科なんかはほとんどが完全予約制)、その日のうちに行ってみました。

ドーン     ≡≡/ ゚Д゚) 超ゾニック
↑置いてかれた音
本文を読む(所要時間およそ7.8分)
posted by 紅閃光 at 07:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

昼寝型頭痛症

ども、紅閃光です。


むかし、同じようなネタを書いたのですが、わたしには持病があります。

昼寝をすると、頭が痛くなるのです。
o┤*´Д`*├o アァー

どうやら、世の中には同じような症状のひとが結構いる模様。
ただ、同じ原因かどうか、症状もまるっきり一緒かどうかは分かんないけどね。

今回はわたしの場合の発症メカニズムについて考察してみました。本文を読む
posted by 紅閃光 at 06:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ピースメイカー!

ども紅閃光です。

さて、前回はちょっとしたカミングアウトでしたが、まぁ、これも顔を出してないからできるわけで。
流石にリアル友人知人にはカミングアウトはできないナ。
わたしも、もしかしたら結婚したいと思える人がまさか出来たら、その人には言わなくちゃかもだけど。

呑気症の症状がリア割れしている人の苦労を考えるといたたまれなくなります。
まぁ、男の子やオッサンなら、ゲップやオナラを笑い飛ばせるかもしれないけど、女の子はそうもいかないよね。
わたしの場合は完全に成人した後に発症があったんだけど、呑気症は年齢に関係なく発症することがあり、思春期ごろに発症することもありうるわけです。

そういう年代の子たちだと、ゲップやオナラの排ガスがダダ漏れなのが周囲にバレると、さらにストレスがかかり、症状の悪化だけでなく、精神の異常にもつながる可能性があります。
不幸中の幸い、呑気症の場合は排ガスは大量の呑気により希釈されているため、匂いがほとんどないことが多いです。
それに対し、過敏性腸症の場合、あんこが出ちゃうことすらあるわけです。また、こちらの排ガス過多の場合、希釈されていないので(食べ物に起因して)匂いはしてしまうし、排ガスを我慢したら今度は皮膚から排ガスされるようになるのです。(注:人体は普通、おならを我慢し続けるとお腹に激痛が走ったり、皮膚からガスが発散されるものなのです。過敏性腸症の場合ガス量が多いのでより顕著なのです)

そんな状態なのに病院に言っても、炎症や腫瘍があるわけではないので治療はできない、精神的な病気なので「ポジティブにこうぜ」とか言われても納得の仕様がありません。
なかには向精神薬を処方してくれるところもあり、それにより薬を飲んでいれば症状が出なくなる人もいます。ですが、その場合将来もずっと飲み続けなくてはならず、経済的な負担だけでなく長期的な副作用や悪影響も危険視されます。
まぁ、成長期の子供にはあまり処方されないかもしれません。

なんにしろ、医師の診断を受けていればまだしも、家族にすらカミングアウトできていない少年少女は結構いるかもしれません。そして誰にも理由を告げることもなく命を絶つことも・・・ありうることだと思います。
わたしの「紅式なんとなくセンサー」によると、日本での経済的理由以外での自殺者において、呑気症または過敏性腸症の社会的症状による割合は、少なくとも1%、多いと10%程度あるのではないかと思います。
( ( ( ( ( (゚∀゚) ) ) ) ) ) デンパ

おっと。
前置きが長くなりましたが、前回はアドレナリン臭による緊張の感染について考察しました。

今回は噛みしめ呑気症を改善する方法について攻めてみたいと思います。


※2009/12/25 クリスマスショッピング追記

本文を読む
posted by 紅閃光 at 05:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。